日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

あの「鯖江のメガネ」から生まれた爪切り「サバエツメキリ」

2018.01.14

Sabae tsumekiri_イメージ01

国内シェア90%以上 を誇る眼鏡の産地・福井県鯖江市の眼鏡素材と、刃物の町と名高い岐阜県関市の職人との協業により、メガネ製造 の技術を応用させたプロダクトの第4弾「sabae tsumekiri(サバエ ツメキリ)」が発売になりました。関市の職人が一本ずつ丁寧に刃を研いで作った爪切りに、メガネフレームにも使用されているカラフルな色彩のセルロースアセテートを組み合わせて仕上げられた、鯖江発の「かける」ではなく「整える」プロダクトです。

Sabae tsumekiri_パッケージ

外出先でふと気になった時、いつでも爪のお手入れができるようにと、福井県にある 織りネームの製造メーカーと持ち運び用の巾着を作り、パッケージにセットしたこのサバエツメキリ 。 見た目の鮮やかさや美しさだけではなく、各産地の技術が詰まった、長く使用できる爪切りは、日々のお手入れを楽しく演出します。

図1

爪切りの表面をカラフルなデザインで彩るのは、鯖江のメガネフレームにも使用されるセルロースアセテート。人体との親和性が高い素材であるためにアレルギーが少なく、その濡れたような艶は磨けば磨く程に輝くのが特徴で、マーブル模様や千鳥格子といっ た複雑な柄も自在に作ることができます。

豊富なデザイン、そして手のひらにおさまるサイズの「サバエ ツメキリ」には日本のものづくりの技術が集結していると言えるのではないでしょうか。贈り物としてもおすすめです。

 

sabae tsumekiri(サバエ ツメキリ)
■ 価格 全6 種類 各4,000 円(税込4,320 円)
■ 商品サイズ 縦65 × 横13 × 厚み15 mm(パッケージ:縦95× 横60 × 厚み18 mm )
■ 重さ 30g
■ 素材 スチール / セルロースアセテート
■ 産地 福井県鯖江市