日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

「丸善」創業150周年記念。復刊書籍や限定コラボ商品を販売

2019.02.07


丸善が開発し好評を博した、良質で低価格な国産万年筆「アテナ万年筆」を150周年記念で復刻。「Athena the Pen 万年筆」細字・中字 各48,600円(税込)

日本における近代的な会社のはしりと言われ、西洋の学術文化を日本に紹介する大きな役割を担ってきた書店大手の丸善。2019年1月1日で創業から150年を迎えたことを記念し、復刻版の書籍や、この2月7日からは、人気文具メーカーとのコラボアイテムの販売がスタートします。

福澤諭吉門下の早矢仕有的が、丸屋善八店を創業したのは1869年のこと。当初から洋書などの輸入販売を行い、多くの作家や文化人からも愛されてきました。大正期の作家・梶井基次郎の短編小説『檸檬』の中で、主人公が八百屋で買ったレモンを画集の上に置き去りにした洋書店は、丸善の京都店がモデルであると言われています。

今回は、小説『檸檬』の文庫初版カバーや、レモンと関連するデザインの万年筆やペンケースのほか、丸善のブックカバーのロゴがデザインされたノートやトートバック、手ぬぐいなど、創業150周年の歴史を感じるアイテムが販売されます。


丸善京都店が舞台の小説『檸檬』。新潮文庫の初版バージョンのカバーデザインを限定復刻。464円(税込)

これらの商品は、全国の丸善、ジュンク堂書店のほか、ハイブリッド型総合書店「honto」でも購入が可能です。「honto」は、電子書籍と紙の本、ネット書店とリアル書店の両方のサービスを受けられるのが特徴で、24時間いつでも手元で立ち読みができる本屋さんのようなもの。1月からスタートした限定復刊書籍は、昨年9月にhontoサイトにて募集したリクエストをもとに、毎月10日に発売。2月は、「賢者の石」や「黒衣の花嫁」などが復刊されます。

通勤通学の途中でふらりと書店に立ち寄るように、生活の合間にhontoをのぞいて、限定アイテムをチェックしてみてはいかがでしょう。

 

◆丸善創業150周年記念 限定商品
丸善公式サイト:http://150th.maruzen.co.jp/news.html#news08
honto公式サイト:https://honto.jp/cp/netstore/2019/maruzen-150th.html
※文具とコラボ雑貨は、2月7日から順次発売