日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

KCJ GROUP 株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷栄之資氏インタビュー ≪前編≫

2018.01.13
CB6B60D6-A33E-4089-88B1-6455B957E26C

ザ職人やパイロット、医師や銀行員など、こども達がさまざまな職業体験を通して社会の仕組みを学ぶことができるのが、職業・社会体験施設「キッザニア」。メキシコ発祥のこの施設を、2006年に日本に開業し、こども達が楽しみながら社会のしくみを学ぶ「エデュテインメント」というコンセプトを根付かせたのが、KCJ GROUP 株式会社 代表取締役社長兼CEO 住谷栄之資(えいのすけ)さんです。

 

こどもと日本の社会に与えるキッザニアの意味

職の株式会社WDIでは、カプリチョーザやトニー・ローマ、ハードロックカフェ、最近ではババ・ガンプ・シュリンプなど多くの海外レストランを日本に誘致し展開してきました。社長を60歳で退任後、知人からキッザニアを紹介されたのですが、話を聞いただけではピンとこなかったので視察のためメキシコへ。スポンサー企業が、自分たちの仕事をそのまま体験させていたわけですが、そもそも大人にとって“仕事”とは時には苦痛の種にもなり得るもの。それをこども達がとても楽しそうにやっているところに引きつけられました」
最終的には再度お孫さんとともにメキシコに訪れ、彼らが2日間に渡りキッザニアで楽しく過ごしたことで、その魅力を確信したそうです。

は住谷さんの心を動かしたもう一つの理由、それは当時日本の世間を賑わせていた若者のニート増加という問題。「以前から若者の仕事に対する意欲の低下は感じていました。でも大人になってから教育しても限界がある。小さいうちから仕事の楽しさを知ると同時に、それは義務であり自立するためには自分で働いて食べていかなくてはいけないという社会の根本ルールを知るには、学校の教育だけでは難しいのではないかと漫然と思っていたんです。その意味からもこのキッザニアの取り組みは、それを解決しうるチャンスの一つだと感じました」

そしてもう一つ危惧したのは、日本のこどもが置かれている学歴社会のひずみでした。「小学校の時から勉強や点数で判断されて、勉強ができないと『わたしはダメなんだ』と感じてしまうのが、本当にかわいそうだなと思ってね。勉強はダメでも音楽もスポーツもあるし、手先が器用だから何かできるよと励ます人がいない。学歴社会の中では親もそうせざるを得ない。その子の”個”を活かすチャンスがないんですよね。」

それはグローバル化への足を引っ張ることでもあると感じていたそうです。「盛んに叫ばれる“グローバル”という視点でも同じこと。日本では相手の会社や肩書は覚えていても名前が出てこないことってよくありますよね。でも海外だと数年ぶりであってもお互いファーストネームを覚えています。それは会社の名前ではなく、個人の価値でつながっているから。ひとりひとり独立した意思を持って生きていく、それがグローバルの原点ではないかと思っています」

 

体験がこどもの大きな自信に

分の可能性に気づき、自分に自信を持つ」そのことがこどもには必要だと、住谷さんは言います。その思いは、キッザニアを実際に開業し、訪れる日本のこども達の様子を目にし確信へと変わります。

「キッザニアにはこれだけのたくさんの職業があって、こども達も体験を重ねていくうちに、自分に得意なものがあることに気付いていきます。だから『僕は勉強はあんまりだけど、ハンバーガーをつくらせたら隣の子よりうまくできたよ』と感じてくれたら、それだけでもうキッザニアの目的は達成したと思っています。眼に見えないことなんだけど、その気づきだけでOKなんです。」

飛行機_0004
パイロットのフライトシミュレーターを体験するこども

キッザニアの体験からは、実はこどもが勉強への意欲を高めるという副産物も。「職業体験を通して、学校の勉強は何のためにやっているのかをわかってくれると一番いい。例えばパイロットのフライトシミュレーターを体験して、飛行機の操縦はかなり難しそうだとこどもなりにわかります。すると、この仕事をするにはやっぱり勉強しなくちゃいけないんじゃないかと感じます。それがゲームではなく、リアルな仕事を体験させることの重要性なんです。保護者の方からも、こどもが勉強するようになったというお話をよく聞くんですよ」



《後編に続く》


〈プロフィール〉

住谷栄之資

1943年和歌山県生まれ。慶応義塾大学商学部卒業後、藤田観光株式会社に入社。ホテルおよび外食産業に従事する。1969年に大学時代の先輩に誘われ、株式会社WDIに経営参画。海外旅行・留学事業のほか、ケンタッキーフライドチキンのフランチャイズをはじめ、トニー・ローマ、ハードロックカフェ、カプリチョーザ、ウルフギャングス・ステーキハウスなど多くの外食産業の立ち上げにかかわる。2003年に社長を退任。2004年にKCJ GROUP 株式会社を創業し、代表取締役社長兼CEOに就任。2006年にキッザニアの海外初施設となる「キッザニア東京」をオープン。2009年には「キッザニア甲子園」もオープンした。
http://www.kidzania.jp/

インタビュー 編集長 島村美緒 文 牛丸由紀子