日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

星野リゾート 代表 星野佳路氏インタビュー 《後編》

2018.04.06
_L9A4958

「日本旅館」という新しいカテゴリーの創造


野さんは数年前から、「日本旅館」を輸出するという主旨の発言をしています。日本旅館というカテゴリーを市場に生み出し、そこに泊まりたいというゲストを創出する。このアプローチ以外に、日本のホテル運営会社が海外に行く可能性はないとまで、断言します。「『日本旅館』という歴史があり、西洋式ホテルとは違う快適さを提供できる宿泊施設が、例えばニューヨークやロンドンに出店します、となったら、なぜそれを日本の会社がやるのか?という質問は、絶対に出ないですよね」。


世界のホテル業界でいえば、現在はまだ「日本旅館」というカテゴリーはありません。しかしアメリカの経営学者、フィリップ・コトラーの言葉を引用しながら、星野さんは「自分たちが戦える土俵を創る」と言います。


「例えば国内においては、東京近郊以外の旅館は非常に不利です。わざわざ遠いエリアに来ていただくためには、小さな範囲での地域の文化や食材などの特徴にこだわっていかないと、ゲストにとって滞在する理由が生まれない。ここはとても大事なポイントです。新しい驚きや発見があってこそ、『さすが日本のホテル運営会社』と評価される。こういうアプローチを取っている限り、矛盾がなく、後ろめたさがないのです」。「同級生たちがもし、星野リゾート運営のホテルに来ても、文句は言わせない。新しいプロジェクトの最終確認の時はいつも、彼らの顔が浮かぶ。常に『彼らに二度とバカにされるものか』という意地がありますよ」と星野さんは笑います。

この思いは、「日本旅館」カテゴリーの輸出にも、もちろん繋がります。2016年開業の「星のや 東京」は、都市で通用する日本旅館の見本を目指したもの。観光客からも、ビジネス客からも選ばれる「日本旅館」の成功により、海外の投資家の興味を喚起しようというわけです。

                                                                     星のや東京

 

同級生に胸を張れる、いい仕事を

後について問うと、国内は星野リゾートファンが納得する視点で案件を慎重に選びながらの拡大を目指し、海外へは実力を付けるためにもさらに積極的に進出したいとのこと。
「私たちは基本的に運営のみを行う会社ですから、オーナーが声をかけてくれれば、地の果てでも行ってやるのが仕事。タヒチ案件で現地に視察に行った時は、正直本当に『地の果てだ』と思いました(笑)。しかし、運営を任せたいと言われるのは非常にありがたい。海外では特にトライすればするほど、実力が付く。『日本旅館』を安全に輸出するためには、今はまだまだ知見が足りないですから」。

                                                                Kia Ora(キアオラ) ランギロア

星野さんは会話の中で幾度となく、「安全だ」という言葉を使います。ビジネス理論という、ある程度証明されたメソッドをしっかり把握し、それに戦略を当てはめていくのは、判断の間違いを減らす方法であるとも。「ビジネス理論に合わないことはやりません。直感による判断はリスクが大きいですから。勘には何の根拠もないですからね」。

星野リゾートが標榜するフラットな組織文化は、アメリカの経営コンサルタント、ケン・ブランチャードからの影響、2009年以来のマスターブランド戦略はアメリカの経営学者、デイヴィッド・A・アーカーのブランド・ポートフォリオ戦略理論に基づいたものだと星野さん。アメリカ留学時代に得た糧は、やはり大きな核となっています。当時の同級生達とは今も交流があり、同業者も多いため、「日本にはおもてなしという、すごい武器があるらしいが、それはつまり何だ?」などと問いかけてくるそうです。先日はサンディエゴ在住の友人夫婦が「星のや軽井沢」に滞在し、いい評価をしてくれたのだとか。

「いつまでに『日本旅館』を輸出するか?目標達成期日はいつも決めないタチなので、わかりません。海外で認められるホテル運営会社になるにはかなりの時間が必要になるでしょうから、もしかすると私の時代ではないかもしれませんね。しかし、できればひとつぐらいは成功させたい。そうですね、最初は『いいものはちゃんと評価する』北米でやるのがいいと思います」。

 

《前編はコチラ

 

<プロフィール>
星野佳路(ほしの よしはる)

1960年、長野県軽井沢で「星野温泉旅館」の長男として生まれる。慶應義塾大学経済学部卒業、アメリカ・コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。1991年、31歳で星野温泉旅館社長に就任。以来「リゾート運営の達人」という企業ビジョンを掲げ、非日常感を追求した滞在型リゾート「星のや」をはじめ、全国で宿泊施設、スノーリゾートを展開している。
http://www.hoshinoresort.com/resortsandhotels/hoshinoya/

インタビュー 編集長 島村美緒 文 木原美芽 写真 野口伽那子