日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

株式会社箔一 取締役会長 浅野邦子氏インタビュー 《前編》

2018.06.08
_O6X5014_箔一HPにて使用

石川県金沢市に本社を置く、箔一。金沢箔やその工芸品の製造・販売でよく知られる企業です。女性であれば、化粧直しに使うあぶらとり紙からその名を知る方も多いのでは。今回は箔一創業者で、現在は取締役会長を務める浅野邦子さんにお話をうかがいました。

 

かつては素材産業だった、金沢箔

沢と言えば、金箔」。現在、その連想に異を唱える人は、あまりいないでしょう。観光地として高いブランド力を持ち、2015年の北陸新幹線開通以後は、よりその価値を高めている金沢において、金沢箔を使った伝統工芸は重要な産業のひとつとなっています。

しかし今を遡ること40数年前の1970年代の様相は、まったく違ったと浅野さんは言います。

「当時箔業界というのは、素材産業、下請産業でした。山中漆器や三河仏壇、西陣織などに、昔から金沢箔は使われてきましたが、あくまで黒子。最終製品を作ることはなく、商品になった時には他のブランド名が付くのがあたり前だったのです」。

03.z000081

金箔とは、金にごく少量の銀や銅を加えて金槌等でおよそ1万分の1〜2㎜まで薄く伸ばし、箔状にしたもの。箔には金のほか、銀箔、錫箔、真鍮箔などもあります。金沢で金箔が初めて作られたのは初代加賀藩主・前田利家公の時代である16世紀末と言われ、現在、国内総生産量の98%が同地で製造されています。

「京都で公務員の娘として生まれ育ち、高校卒業後OLをしてから、二十歳で金沢の箔屋さんの6男さんのところへお嫁に来ました。子どもは息子と娘がひとりずつ。ごく普通の主婦でした」。

_O6X4963

普通の主婦が夢見た「金沢箔工芸品」の誕生

んな浅野さんの大きな転機は、1973年の第一次オイルショック。日本を大きく揺るがせたこの事件は、浅野さんと家族の生活にも大きな影を落とします。不況で高級美術品や工芸品の販売数量は低下。連動して、金沢箔の需要も大幅に減少しました。

「子どもが幼稚園の年長さんと年中さんだったかしら、あの時の給料は半分が現物支給で。本家の息子でもですよ! この生活がずっと続くのかと思ったら、不安で、不安で……」。

その頃、浅野さんは、金沢箔という名前が一般消費者に知られていないこと、金沢の箔業者が最終商品を製造しないことに疑問を持ちました。不況による不安も後押しし、「金沢箔を使って、金沢箔の名前を冠したものづくりをしなければ」と思い立ったのです。

「あの頃はね、仏壇の箔部分が変色したとか、額縁がハゲたとかという理由で、箔屋に返品がゴロゴロ来たんです。もちろんそうなれば、お金はいただけません。でも、『本当に箔のせいで、不良品になったの?』と思うケースもままありました。また、親方から地金を仕入れて箔を作る箔職人は、どんなにすばらしい技術を持っていても、価格は自分たちで決めることができない仕組みでした。これらを解決するための糸口が、ものづくりだったのです」。

浅野さんは箔の素人。職人でもなく、夫の実家からの支援も望めません。しかし金沢箔を使う工芸生産地を回り、箔を貼る技術を見よう見まねで修得していきます。最初に販売したのは、プラスチックの木地に真鍮箔を貼った皿で、5枚で1800円。普通の主婦に手が届く価格の金沢箔工芸品を、普通の主婦だった浅野さんが世に生み出した瞬間でした。

S55当時の本社前で

1980(昭和55)年、当時の箔一本社前に立つ浅野邦子さん

「創業は1975年、昭和で言えば50年の1月6日です。この日が初めて、伝票を付けた日だったから、よーく覚えています。今でもその伝票は金庫に残してあるんですよ」。

起業の原資はOL時代の貯金、15万円。金沢箔で一番最初に工芸品を作り、またその分野でトップになるという思いを込め、浅野さんは自らの会社に「箔一」と名付けました。

 

《後編に続く》

 

<プロフィール>

浅野邦子(あさの くにこ)

京都市生まれ。1975年、箔一創業。金沢箔を使った商品を提案し、「金沢箔工芸品」という新分野を生み出す。76年、全国で初めて金箔打紙製法によるあぶらとり紙を商品化、特許取得。77年、株式会社箔一を設立し、代表取締役社長となる。2009年、代表取締役会長に就任。日刊工業新聞優秀経営者顕彰「女性経営者賞」、通産省ニュービジネス協議会「レディスアントレプレナー賞」、経済産業省「ものづくり大賞優秀賞」など多数受賞。2016年、経団連審議員会副議長に就任。

取材/島村美緒(プレミアムジャパン編集長)、文/木原美芽、写真/山村隆彦