日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

八木通商株式会社 八木雄三氏インタビュー 《前編》

2018.07.21
_O6X8500

 

 

八木通商は、「モンクレール」「J&M デヴィッドソン」「バブアー」「マッキントッシュ」「モンクレール」など数々の一流ブランドを扱う繊維専門商社。グローバル・マーケティング&マーチャンダイジングを掲げ、新たなライフスタイルを創造してきた企業です。同社におけるブランドビジネスを確立し、八木通商を大きく飛躍させた代表取締役社長・八木雄三さんにお話を伺いました。

 

肉を信じているのにはワケがある

柄ながら常にエネルギッシュな八木雄三さん。ファッション業界では「八木社長は肉好きだ」というのが定説だそうです。

「そうですね(笑)。僕は世界中のステーキハウスを日本で一番、知っている男だと思いますよ。だって、商社マンですから。世界中を駆けめぐる商社マンには肉が一番なんです」。

 しかしその“肉好き”には理由がありました。

「まずは物理的な理由からです」。

アメリカのミシガン州立大学院でMBAを取得し、本当はそのまま現地で就職する予定だった八木さん。しかし父と妹がわざわざアメリカに赴き、「どうしても家業に戻ってきてくれ」と説得。1967年のことです。

「当時の八木通商は、小さなファミリービジネスの会社でした。終戦の翌年に父が大阪で創業し、素材の輸出を柱としていました。若い僕には正直、そこへ入ることに魅力を感じられず、その時受けたアメリカの6社ほどの大企業からも内定をもらっていたから、『さてどこへ入社しようか』なんて考えていたのです」。

_O6X8136

帰国し、本社で繊維輸出業務に携わってはみたものの、当時の社員たちにはアグレッシブさが足りず、自ら世界市場を開拓しようと決心。サムソナイトのトランク4つに日本製の糸や生地のサンプルをみっちりと詰めて、八木さんは未知の世界へと飛び出しました。最初は香港。そこで繊維輸出のよい市場が作れたので、中近東や中南米、アフリカ、ヨーロッパ、オセアニアへと、次々に行商先を広げていったのです。

「世界中を行商して回りましたが、自分のために使えるお金はありません。宿があればいい方、国によっては野宿に近い日々だったこともあります。食事も同様。あの頃にわかったんです、唯一、頼りにできるのは焼いた肉だけだと」。

国際行商時代に培われたのが、肉への信頼だったというわけです。

「冗談だと思うでしょう? ある時、アフリカの屋台で片言の英語をしゃべるお兄ちゃんから焼いた肉の塊を買ったんです。何の肉かと訊けば、『ブッシュミートだ』という。要するに、前日に森で死んだ動物を担いできてそれをバケツでザブッと洗い、塊に切っては火で焼いたものなんですね。しかし、それしかエネルギー源となる安全な食べ物はないんです。ちゃんと焼けば、何の肉でも何とかなります」。

20代の6、7年間は、年に8ヶ月は世界を飛び回る生活。商売上の交渉はもちろんタフでしたが、生きるという意味でも過酷。それでもしんどいと思ったことはなかったといいます。

「地を這うような行商でしたが、それだけの価値があり、結果を出しました。国際行商で一番儲かったのはシリアです。第三次と第四次の中東戦争の最中で、空路での入国ができず、僕はベイルートからボロ車を借りて国境越え。文字通りの命がけです。しかし、他の商社はリスクを冒してまでシリアには営業に行かなかったものですから、現地に着くと想像に反して物資が欠乏していたので、何しろ、驚くほど大量に売れました」。

 

怖いもの知らずにして、機を見るに敏

竹の勢いで繊維輸出マーケットを作った八木さん。しかし転機が訪れます。

「1971年に、ニクソンショックが起こりました。これが、ターニングポイントです。あの頃は1ドル360円。それが73年に変動相場制になり、308円へと円高が進みました。日本の戦後復興を支えたのは繊維輸出。僕もすさまじい勢いでモノを売ってましたが、総合商社がどんどん入ってきてマージンがきつくなり、このまま円高が進めば利益が出なくなると危機感をつのらせていたのです。

その頃、イタリアのビエラの紡績や染工場に日本のアクリル糸を販売していましたが、ミラノに行くと、街のショーウインドウの美しさに心惹かれました。自分がよく知るアメリカとはまた違う。今後は日本人の所得が上がり、生活も変わるだろう。高級ファッションへの興味も高まるはずだ。そういった予測に加え、ニクソンショックが後押しして、180度の方向転換を決めたのです。特別でいいもの、ラグジュアリーを専門とする製品輸入を始めようと。そこで1971年に輸出で儲けた利益をみなつぎ込んで、ミラノにオフィスを開業したのです」。

欧米からのファッション製品輸入事業を社内創業したこの時のことを、八木通商では「第二の創業」と位置づけているそうです。ミラノ・オフィス開業当時、八木社長は29歳。何も怖くないお年頃……と思いきや。

「子どもの頃から、何に対しても怖がらない性格なんですよ(笑)。まぁ悪ガキでしたが、それが仕事に活きたわけです」。

 

《後編》に続く

 

<プロフィール>

八木雄三(やぎ ゆうぞう)

1941年兵庫県生まれ。
アメリカ・ミシガン州立大学経営大学院でMBA取得。大学院修了後、1967年に八木通商入社。1986年、代表取締役に就任。1993年よりミシガン州立大学国際関係学部客員教授。2004年 仏国家功労勲章オフィシエ、 2011年英名誉大英勲章OBE、2016年 伊共和国国家功労勲章グランデウフィチャーレを受章。


取材/島村美緒(プレミアムジャパン編集長)、文/木原美芽、写真/山村隆彦