日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

株式会社ギンザのサヱグサ 代表取締役社長 三枝亮氏インタビュー《前編》

2019.01.12
_O6X7094

厳選したベビー&子ども服の販売を主軸とし、子どもたちのライフスタイルをトータルプロデュースする株式会社ギンザのサヱグサ。今回は代表取締役社長 三枝亮さんにお話をうかがいました。

150年前に唐物屋としてスタート

東京・銀座4丁目と大阪・梅田に店舗を構える「SAYEGUSA」は、オリジナルからヨーロッパのインポートブランドまで、上質な子ども服を揃えるセレクトショップ。1869 年(明治2年)の創業以来、今年で150 周年を迎えますが、当初は唐物屋としてスタートしました。一体どんな商品を扱っていたのでしょうか?

「創業年の1869年は明治維新の翌年で、ちょうど横浜港を通じて海外から公式に物が入ってくるようになった頃でした。当時はまだちょんまげを結って刀を指している人たちが歩いていた時代ですから、輸入品というだけでイノベーティブだったようです。そんなご時世に当社が扱っていた輸入品は、実に様々だったようです。唐物屋というのは、いわゆる輸入雑貨商のこと。明治屋さんや丸善さんも唐物屋としてスタートした企業ですが、それぞれ食品や本に特化し、当社は、特に毛糸と洋装品に力を入れて商事化したというわけです」

明治初めに子ども服を強化

明治時代初期、輸入品は横浜港から海や川を利用して運ばれていたため、初代が創業地として選んだのは水運の利の良い築地の外国人居留地でした。その後、銀座に進出したのは1875年(明治8年)。明治の終わりには主力商品は毛糸から婦人服・子ども服や洋装品となっていましたが、昭和の初め、2代目の時代に子ども服事業を強化します。

「2代目はジャージー素材の動きやすさに着目し、子どもにとっても動きやすいだろうと、昭和7年、子ども服に初めてウール100%のジャージー素材を使用し、サヱグサの代名詞となったスモックワンピースを販売しました。それがきっかけで、子ども服をメイン事業とするようになったと聞いています」



SAYEGUSA 銀座店ファサード(写真上)2階全体(写真下左)3階全体(写真下右)

 SAYEGUSA GREEN PROJECT

〜豊かな地球を子どもたちへ〜

ギンザのサヱグサは昭和2年以来、日本の子どもたちに装いの文化を提案し続けてきましたが、最近はよりソーシャルでサスティナブルな企業となることを目指し、子どもたちの成長に役立てるプロジェクトも計画中。そのひとつが現社長就任の2012年にスタートした環境・社会活動「SAYEGUSA GREEN PROJECT」です。 

「具体的な活動内容としては、子ども向けの自然体験キャンププログラム “GREEN MAGIC”をはじめ、ワークショップの開催、再生可能エネルギーへの切り替え、サイトでの情報発信などを行っています。“GREEN MAGIC”を始めたのは、子ども服を通じて日々子どもたちと接する中で、都心部の子どもたちの自然体験不足を実感したのがきっかけでした。そこで自然の中で遊びを体験できる場を作りたいと思い、年4回、キャンプイベントを始めたのです。キャンプの開催地を探していて出会った長野県最北端の里山・栄村小滝の人々とは、何度も訪問を重ねるうちに絆も生まれ、新しいプロジェクトも成功しています」


GREEN MAGIC(キャンプ)

小滝米のリブランデイング

 “GREEN MAGIC”がきっかけで生まれた新しいプロジェクトとは、栄村小滝特産のコシヒカリ「小滝米」のプロデュース販売事業のこと。三枝さんがキャンプの開催地を探していた2014年、長野県北部地震で被災し、7割が壊滅的な被害を受けた田んぼが奇跡的な復活をとげた栄村小滝と出会いました。三枝さんは過酷な状況に負けず、明るく懸命に300年後を見据えた復興活動に取り組む集落の人々の姿勢に共感し、小滝米のブランディングに取り組むことにしたのです。そして2015年、小滝米はワインボトルに入り「コタキホワイト」と名付けられ販売がスタートしました。

 「小滝はわずか13世帯35人の小さな集落ですが、そこには千曲川の清流、棚田、民家という、日本の里山の風景があります。この集落の1番の仕事である米作りを販売の面でサポートし、経済が好転すれば、日本の風景である里山の風景を残すことができ、子どもたちの学びの場を残すことにつながる。交流人口が増えエリアが活気づけば、過疎の抑止にもつながります。そんな思いから、新規事業部を立ち上げ、小滝米に関わるようになりました」


image:コタキホワイトギフトボトル

 

《後編》へ続く

 

<プロフィール>

三枝亮(さえぐさ りょう)

株式会社ギンザのサヱグサ 代表取締役社長
1869年創業の子ども服の名店、ギンザのサヱグサ5代目社長。慶應義塾大学卒業後、銀行勤務を経て、2012年に家業であるギンザのサヱグサの経営を継ぐ。2017年4月に銀座店を銀座4丁目に移転。子どもたちに本物に触れる機会を作るため、自ら様々なプロジェクトを企画している。銀座を牽引する旦那衆のひとりとして町内会の活動にも携わる。

https://www.sayegusa.com

取材/島村美緒(プレミアムジャパン編集長)、文/小松めぐみ、写真(人)/山村隆彦