日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

盆踊りも百花繚乱!今宵は、入谷朝顔まつり、築地本願寺へ:「今宵も盆悩まみれ」 vol.16 佐藤智彦

2016.07.15
20160715_asagaomatsuri_2 20160715_asagaomatsuri_3 20160715_asagaomatsuri_4 20160715_asagaomatsuri_5 20160715_asagaomatsuri_6 20160715_asagaomatsuri_7 20160715_asagaomatsuri_8 20160715_asagaomatsuri_9

築地本願寺ではご縁フェスタが開催。一足早い盆踊りも!

築地本願寺では、7月6日・7日の両日【築地本願寺 夏の夕べ・ご縁フェスタ】が開催された。こちらの「ご縁」とは「縁日」のことで、2014年に浄土真宗本願寺派第25代門主になられた専如宗主の東京教区巡回・巡拝を記念してのイベントだ。屋台や物産展をはじめ、パイプオルガンのコンサートや(実は築地本願寺にはキリスト教の教会のようにパイプオルガンがある!)、長さ9メートルののり巻き作りなど、数多くの催しが実施された。その中でメインイベントなのが、おそらく今年限定の盆踊り!通常行われる盆踊りに加え、今年は事前にも踊る機会に恵まれたのだ。

今回の盆踊りも本番同様、境内には櫓が組まれ、大江戸助六太鼓の華やかな演奏とともに開催された。《築地音頭》や《法輪音頭》、《大江戸助六音頭》といった築地本願寺でしか踊ることのできない曲を筆頭に、「本願寺ナンバー」ほぼ全曲を楽しむことができた。特に7日木曜は東京で最高気温が36.7度を記録する猛暑日であったが、参加者たちはみな心地よい汗を流しつつ、この貴重な「ご縁」を堪能していた。

なお築地本願寺での「本番の」盆踊りは8月3日(水)から6日(土)の四日間開催される。「日本一美味しい盆踊り」の異名通り、鳥藤の焼鳥、きつねやのもつ煮込み、菅商店の鶏しゅうまい、松露の玉子焼き、味の浜藤や紀文食品の練り物等、築地場外市場の名店が数多く出店する。境内は例年ビアガーデンさながらの賑やかさとなる。さらには石巻・熊本復興支援ブースが設けられ、4日(木)にはくまモンの来場も決定している。ぜひ8月の予定に組み込んではいかがだろうか。

次ページ《もはや身体一つでは足りぬ!今週の都内近郊盆踊り情報》