日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

「大人の男のとっておきデートスポット」vol.4:福田 豊

日本人の心の琴線に触れる雪国の宿 越後六日町温泉「温泉御宿 龍言」

2016.12.07

1207-71207-8
水がいい。米がいい。だから食事も酒も最高に美味しい

そして、食事がとっても素敵なのです。食材はすべて地元のもの。調理も昔のまま。つまり、ご飯を竈(かまど)で炊き、魚を炭で焼き、ゴボウと豆の煮付けなんかを宿のおばあちゃんが煮て、漬物もおばあちゃんが漬ける。要するに、ごくごく素朴なものばかり。でも、そんな気負いがないところがよい。こういうのが日本人の食卓の原風景なのじゃないのかしら。

それにこの地は、水がいい。米がいい。川魚がいい。野菜がいい。だから、素朴でも最高に美味。日本酒もいうまでもなく最高で、特に「八海山の原酒」というのが美味しかった。また飲みにいきたいです。

というように、龍言はすべてが日本人の心の琴線に触れる。初めてでも「懐かしい」感じのする宿なのです。

だから、都会のコンクリートとガラスに囲まれた日常ばかり、なぁんていう女性を誘ってあげると、きっと大よろこびする。「なんだか落ち着くね♥」なんて。いっそう仲良くなれちゃいますよ。

 

■お問い合わせ
温泉御宿 龍言
新潟県南魚沼市坂戸79
アクセス:関越自動車道、六日町ICより約10分。
料金:2万5000円~(1名2食付き・税別)
TEL:025-772-3470
http://www.ryugon.co.jp/

取材・文/福田豊

 

【福田 豊の〈大人の男のとっておきデートスポット〉】一覧記事はこちら
https://www.premium-j.jp/fukuda/

《プロフィール》
1959年東京生まれ。ライター、編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『OCEANS』『ENGINE』『MADURO』などの雑誌を中心に、時計、クルマ、ファッション、旅などなど、男性のライフスタイル全般について執筆している。