日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

箱根・ポーラ美術館の森で過ごす特別な一夜。アウトドア宿泊イベント「FOREST MUSEUM 2018」

2018.05.20

ポーラ美術館キャンプイベント01

ポーラ創業家2代目の鈴木常司さんが40数年をかけて収集した、印象派を中心とする西洋絵画や日本画、ガラス工芸など1万点を収蔵するポーラ美術館。箱根・仙石原の広大な敷地は、富士箱根伊豆国立公園に位置しており、自然の中を散策できる遊歩道も設けています。

ブナやヒメシャラの巨木が茂り、夏はオオルリなど美しい野鳥の姿が見られる同美術館の森において、2018年8月25日(土)〜26日(日)の1泊2日でキャンプをしながらアートに触れるイベント「FOREST MUSEUM 2018」が開催されます。

ポーラ美術館キャンプイベント02

今回の上映作品は、日本初の野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」を手掛けるサトウダイスケさんがセレクト

恵まれた自然の中での宿泊はもとより、閉館後の美術館での貸切ギャラリートークや野外シネマ上映会など、非日常環境での楽しみが盛り沢山。夕食はポーラ美術館のレストラン「アレイ」にてブッフェ、朝食は富士屋ホテルから提供される焼き立てのパンとスープなど、箱根ならではの味が堪能できます。また、小田原の鈴廣かまぼこや地元のコーヒー専門店とタイアップした森のCafé&Barでくつろぐのもいいでしょう。

ポーラ美術館キャンプイベント04 ポーラ美術館キャンプイベント03
左)宮ノ下の富士屋ホテルから届く、焼き立てパンとスープで朝食
(右)2018年7月22日からポーラ美術館で開催される「ルドン ひらかれた夢」展の、貸切ギャラリートークを予定

テントやランタンなどは美術館側が用意してくれるので、キャンプ用品は寝袋・シュラフマットのみ持参でOK。ランタンの灯りを手に、幻想的な、いつもとは違う箱根の森の雰囲気を楽しめます。

ルノワールやモネなど、印象派のコレクションは日本最大級と言われるポーラ美術館。かつて印象派の画家たちがキャンバスを屋内から自然の中へと持ち出したように、この夏は箱根の森で、風にそよぐ草木や花々と共にアートに触れる極上の体験はいかがでしょう。

 

 

◆箱根・ポーラ美術館「FOREST MUSEUM 2018」
日程:2018年8月25日(土)、26日(日)1泊2日 ※小雨決行/荒天中止
会場:ポーラ美術館森の遊歩道
会場住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
集合時間:8月25日14:00(解散予定時間:26日10:00)
参加人数:限定20組(最低催行人数30名・1組2名様以上でのお申し込み。1テントあたり4名様まで可)。
申込期間:6月15日(金)10:00 ~7月7日(土)※抽選制
申込方法:Peatixよりhttp://polamuseum2018082501.peatix.com(6月15日10:00より公開)
お問い合わせ:0460-84-2111(ポーラ美術館)
http://www.polamuseum.or.jp