日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

幻の江戸前岩がきを南房総で! 「安房温泉 紀伊乃国屋」が特別美食プランを提供

2018.06.20

安房温泉紀伊乃国屋01

この数年、かきマニアの方が増えています。国内外の産地から数々のかきがオイスターバーなどの飲食店に並ぶようになり、年間を通して、多彩なかきが楽しめるようになってきました。

とはいえ、通年楽しめるかきの品種は真がき。一方、夏だけに食べられるかきと言えば「岩がき」です。別名、夏がきとも呼ばれ、水揚げ期間は6月から9月までの約3ヶ月。天然ものと養殖ものの両方があります。真がきに比べ大きさや厚みがあり、磯の香りをたっぷり含んだジューシーさがおいしさのポイントです。

安房温泉紀伊乃国屋02

岩がきの産地は日本海側が中心。千葉県等でも水揚げがありますが、限られた岩場だけにしか生息していないため量が少なく、市場にはほとんど出回らないといいます。そんな、幻とも呼ばれる「江戸前岩がき」を食べられる旅館が、千葉県南房総の安房温泉にあります。

「安房温泉 紀伊乃国屋」は7室だけの小さなお宿。宿主自身が魚介類の入札権を持っており、毎朝近隣の漁港から仕入れをしていることから、地元の海の幸が自慢だそう。

こちらでは例年、旬になると岩がき付きの宿泊プランを用意しており、今年も2018年5月10日(木)から、夕食に江戸前岩がきが丸ごと1個付いた「岩がき付き初夏の美食宿泊プラン」を提供しています。

安房温泉紀伊乃国屋03

南方から流れ込む黒潮と、東京湾からの栄養分たっぷりの海水がぶつかり合う千葉・鋸南で育った江戸前岩がきは、圧倒的に肉厚で、濃厚な味わいのインパクトは絶大。岩がきはもとより、地魚舟盛り(大人2〜5名で1台)とアワビの踊焼き(大人1名に1つ)、伊勢海老の活き造り(大人2名で1尾)と夏のごちそうをたっぷりといただけるという趣向です。

安房温泉紀伊乃国屋04

お風呂は地下600メートルから湧出する天然温泉。夏のごちそうをいただくだけでなく、美肌の湯と呼ばれる天然アルカリ性単純泉にゆっくりつかれば、日頃の疲れも癒やされるに違いありません。

同プランの提供は、2018年7月31日(火)まで。夏の贅沢な旬を堪能しに、今年は千葉・南房総にお出かけされてはいかがでしょうか。

 

◆安房温泉 紀伊乃国屋「岩がき付き初夏の美食宿泊プラン」
期間:2018年5月10日(木)〜7月31日(火)
料金:ひとり1泊2食(朝夕食)付き16,100円(税抜き)~
住所:千葉県安房郡鋸南町竜島970-6
TEL:0470-55-1571(9:00~21:00)
https://www.awa-kinokuniya.com/honkan/
予約:
http://www2.489ban.net/v4/client/plan/roomcalender/customer/kinokuniya