日本語 | English | 简体中文 | 繁體中文

本に囲まれて満ち足りたときを過ごす。箱根強羅にブックホテル「箱根本箱」が8月1日オープン

2018.08.01

各室には本を愛する各界のクリエーターが選書した「あの人の本箱」が設置。自宅でくつろぐように本を楽しんでみませんか。

本に囲まれて「暮らすように滞在」―箱根本箱は、ブックストアやブックラウンジ、シアタールーム、ショップを備え「本のある暮らし」を提案するブックホテルを中心とした複合施設です。

BOOKディレクションは『YOURS BOOK STORE』(日本出版販売株式会社)が行い、施設全体のプロデュースは新潟県南魚沼市で里山十帖を手掛ける株式会社自遊人が担当しました。

18室ある客室の全室に温泉露天風呂と「あの人の本箱」が設置されています。「あの人の本箱」とは、美術家 横尾忠則氏、作家 西加奈子氏、作家・演出家・俳優の松尾スズキ氏、俳優 山田孝之氏など各界の第一線で活躍する本好きのクリエーターによる「わたしの選書」が詰まったオリジナル本箱のこと。
あのクリエーターが選んだ本箱に、どんな本があるのかは、その部屋に泊まった人だけの「お楽しみ」です。「あの人の本箱」は館内のさまざまな場所にも設置されています。


吹き抜けが気持ちよいブックラウンジ(ラウンジのドリンクは無料)

館内にはショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」とコラボレーションした「本箱シアター」と名付けられたシアタールームや、開放的な吹き抜けが印象的な居心地抜群のブックラウンジも併設。

また箱根では最大規模となるブックストアでは、「衣」「食」「住」「遊」「休」「知」とテーマに新刊・古書・洋書あわせて約1万冊を取り揃えています。ラウンジやレストランなど館内に置いてあるすべての本が購入できるなど、本との距離がグッと近くなるような「さまざまな仕掛け」が「箱根本箱」の魅力です。


山並みを眺めながらゆったり食事を楽しんでください。オープンキッチンカウンター19席、プライバシーを保てる個室もあります。

レストラン&カフェは「オーガニック&クレンジング」をテーマに展開する自然派イタリアン。里山十帖から派遣されたシェフのもと、相模湾や駿河湾の魚介や神奈川、静岡の有機野菜や柑橘などを主役に、箱根のローカルガストロノミーを表現します。

箱根の自然に囲まれた心地よい空間でのんびり読書三昧で過ごすもよし、パソコンをもちこんで仕事に没頭するのもよし。本に囲まれてひたすらボーッとするのもよし。生活と本が密着した心地よい空間で、本と向き合う楽しさを存分に味わってください。

 

◆箱根本箱(はこねほんばこ)
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491 
アクセス:箱根登山鉄道 ケーブルカー「中強羅駅」徒歩4分
料金/1泊2食 ¥18,321~(2名利用時の1名料金)
公式HP:http://hakonemag.com/