ホテルインディゴ軽井沢ホテルインディゴ軽井沢

Features

冬の軽井沢だからこそのホテルライフ

2024.1.29

ホテルインディゴ軽井沢で見つけた、冬の楽しみ

軽井沢駅から車で5分、碓氷軽井沢ICから車で10分ほどの絶好のロケーションにあるのは、2022年に誕生した「ホテルインディゴ軽井沢」。別荘地として長く愛され続けている軽井沢の歴史と文化を継承し、私たちに真の安らぎや心静かな時間を提供してくれるホテルとしてすでに人気を集めている。地域貢献や地元との連携を重視したローカル体験を探求した新たなプランが誕生し、冬に訪れる軽井沢の楽しみを提供している。

 

冬の軽井沢の魅力の一つはなんと言っても静寂な時間にある。浅間山の大自然に囲まれ、ホテル裏手に白洲次郎が理事長を務めたこともある名門ゴルフ場「軽井沢ゴルフ倶楽部」があり、ホテル敷地脇には矢ケ崎川が流れている。静寂と共に、季節の移ろいを感じる自然に囲まれた環境は何よりもの贅沢だ。



ロビーラウンジの様子。中央には暖炉がある。 ロビーラウンジの様子。中央には暖炉がある。

ロビーラウンジの様子。中央には暖炉がある。




客室のアートが部屋に温もりを与える。 客室のアートが部屋に温もりを与える。

客室のアートが部屋に温もりを与える。




ここには、冬の安らぎに温もりを与えてくれる暖炉がホテルエントランス目前にある。気温が下がり始める11月〜春先までの期間、火が灯り、お客様を出迎える。このロビーラウンジは週末限定(毎週 金・土・祝)でバーへと変身する。ミクソロジストがさまざまな野菜やフルーツで作るカクテルや抹茶のデザートカクテルなど、写真映えをする華やかなカクテルやモクテルを暖炉に温まりながらいただけるのは「ホテルインディゴ軽井沢」ならではの楽しみである。




その日の野菜や果物を使ったカクテルをオーダーできる。 その日の野菜や果物を使ったカクテルをオーダーできる。

その日の野菜や果物を使ったカクテルをオーダーできる。





この冬からワークショップや館内アートツアーがスタートするので、よりホテル時間が充実する。ワークショップは「HARNN」の香り豊かなソープを使った「HARNNソープカービング」。時間を忘れて作品に没頭できる特別な体験である。

もちろん、忘れてはならないのが美味しい料理の数々。オールデイダイニング「KAGARIBI」では軽井沢産の野菜や信州牛など、薪を使ったグリルで調理したオリジナルのイタリア料理をいただくことができる。薪火でグリルされた新鮮な野菜や肉は、旨味が凝縮し、香ばしい薪の香りをまとう。季節の食材を取り入れたコースある。






ゆったりとした空間が広がるオールダイニング「KAGARIBI」。 ゆったりとした空間が広がるオールダイニング「KAGARIBI」。

ゆったりとした空間が広がるオールデイダイニング「KAGARIBI」。






1階には大浴場、2階にはTHE SPA by HARNNやジムがある。 1階には大浴場、2階にはTHE SPA by HARNNやジムがある。

1階には大浴場、2階にはTHE SPA by HARNNやジムがある。





ホテルスタッフの胸には、それぞれが得意とするものや好きなものを描いたピンバッチが付いている。 ホテルスタッフの胸には、それぞれが得意とするものや好きなものを描いたピンバッチが付いている。

ホテルスタッフの胸には、それぞれが得意とするものや好きなものを描いたピンバッチが付いている。





冬の軽井沢ならではの風景を楽しむ

 

折角軽井沢を訪れたのであれば、ホテルを基点として周辺へ出かけるのもいいだろう。周辺には、夏の軽井沢とは異なる、静寂の冬の軽井沢が新鮮な風景が広がる「聖パウロカトリック教会」や、降雪時には白銀の世界が湖面に映し出される「雲場池」などもいいだろう。




高台に建つ「小諸蒸留所」からは市内が見渡せる。 高台に建つ「小諸蒸留所」からは市内が見渡せる。

高台に建つ「小諸蒸留所」からは市内が見渡せる。




ウイスキー製造の様子を眺めながら、ウイスキーやカクテルが味わえるバー。 ウイスキー製造の様子を眺めながら、ウイスキーやカクテルが味わえるバー。

ウイスキー製造の様子を眺めながら、ウイスキーやカクテルが味わえるバー。





また、さらに足を伸ばせるのであれば、2023年7月に誕生した「小諸蒸留所」はおすすめだ。昨今、世界ではジャパニーズウイスキーが注目を集めているが、ここはイギリスの大手専門誌に「世界で最も訪れたい蒸留所3選」の一つに選ばれている上、世界中のウイスキー関係者が集う「World Whisky Forum 」の開催地として、アジアで初めて選出された。注目の理由には、マスターブレンダーで共同創業者でもあり、台湾のウイスキーメーカー「KAVALAN(カバラン)」の立ち上げメンバーのイアン・チャン氏の存在がある。世界がイアン氏の生み出すウイスキーの誕生を待ち侘びているのだ。

またここにはスコットランドから取り寄せた蒸留器が見ながら、蒸留したての原酒やオリジナルカクテルが楽しめるバーやウイスキーについてテイスティングしながら学べる「ウイスキーアカデミー」の教室などもある(要予約)。運が良ければ、イアン・チャン氏の姿を見ることもできるであろう。

 

 

冬の軽井沢では、この時期にしか体感できない楽しみがある。夏とは違う風景や料理、楽しみを見つけに出かけてみてはいかがだろうか。




ホテルインディゴ軽井沢

長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉字屋敷添18番地39
小諸蒸留所

長野県小諸市甲字軽石4630-1
営業時間: 10:00~19:00 (最終入場18:00 Bar L.O.18:30)

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Features

2024.2.22

中川政七商店の雛祭り 長く愛着あるデザインを提案

Features

2024.2.21

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」が「Nipponキュイジーヌ 苺薫るアフタヌーンティー…

Features

2024.2.19

フォーシーズンズホテル丸の内 東京の新ウェディングプラン「SWEET “SUITE” …

Features

2024.2.15

「鎌倉古今」が手掛ける箱根のスモールラグジュアリー

Features

2024.2.8

ルイ・ヴィトン 世界各地のハイエンドなスキーリゾートを独自の視点で紹介

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。