MIZEN BLACKMIZEN BLACK

Features

MIZEN新コレクション 日本の伝統技術をさらに昇華させて

2024.6.11

ジャパニーズブランド「MIZEN(ミゼン)」が新しい黒の世界を発表

左・カラーレスダブルブレステッドジレ(牛首紬)550,000円、レイヤードワイドパンツ(牛首紬)341,000円
右・コンテンポラリーノーカラージャケット(牛首紬)583,000円、スラッシュタイ(螺鈿織)88,000円、クラシックシャツ(近江ちぢみ)参考商品、1タックストレートパンツ(牛首紬)352,000円

Hermès(エルメス)」をはじめとする世界的な一流メゾンで活躍したファッションデザイナー寺西俊輔が、日本の伝統技術とファッションを融合させたプロジェクト「MIZEN(ミゼン)」をスタートさせたのは2022年のこと。世界で磨いた技術とセンスが作り出した独自の世界観は、12を超える産地とコラボレーションによって日本の新たな美を提案している。

 

 

 

2024年に発表された新作コレクションは、牛首紬(うしくびつむぎ)〈石川県〉、絹紐織(りぼんおり)〈京都府〉の2産地が作り出した黒一色の着物テキスタイルによるBLACK COLLECTION

洋服ではビジネスやフォーマルなどで幅広く活用できる人気の定番色だが、着物の世界では「喪服」のイメージが強く、また高貴な色として敬遠されがち。今回は着物としては珍しい黒一色の反物を初めて各地の織元に作成を依頼し、それらを洋服として仕立てることに挑戦した。


MIZEN BLACK2 MIZEN BLACK2

アシンメトリックプリーツコート(絹紐織)484,000円、ショートシャツブルゾン(絹紐織)220,000円、レイヤードワイドパンツ(絹紐織)264,000



MIZEN BLACK3 MIZEN BLACK3

Vネックレイヤードショートトップ(絹紐織)242,000円、アシンメトリックフレアロングスカート(絹紐織)374,000




新作コレクションとして使用したのは、二匹の繭で作られる希少な「玉繭(たままゆ)」から糸を紡ぎ織られる「牛首紬」と、手で絣染め(かすりぞめ)を施し、4mm幅のシルクリボンテープを縦(たて)・緯(よこ)方向に織り込む多彩な色使いが特殊な素材使いが特徴の「絹紐織」の2産地の素材。今後は結城紬や米沢織など、産地を増やしながらBLACK COLLECTIONを新たな定番商品として展開する予定だ。



◆MIZEN青山本店

【住所】東京都港区南青山6丁目4-13 Almost BlueC 棟
【営業時間】11時〜19時
【定休日】月曜日・火曜日

*来店前にはホームページから事前予約が必要です。

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。

Features

2024.6.20

星のや東京、10層仕立てのかき氷「発酵夏氷」が登場。

Features

2024.6.17

若々しい髪と頭皮のために誕生。イナータスの養毛料「シュヴー」

Features

2024.6.14

デンマークジュエリー「フローラダニカ」が南青山に旗艦店をオープン

Features

2024.6.8

東京・虎ノ門に誕生「カフェダイニング 茶楓 by 温故知新」

Features

2024.6.5

麻布に誕生したコージーな空間。「UNI COFFEE ROASTERY オークウッドホテル麻布」

ページの先頭へ

最新情報をニュースレターでお知らせするほか、エクスクルーシブなイベントのご案内や、特別なプレゼント企画も予定しています。