ビューティスポットトップ

Experiences

Spotlight

銀座・ビューティスポット探訪(前編)

2019.8.6

銀座にそろうコスメブランドの旗艦店・ビューティスポットを巡る

日本を代表する街・銀座に集まる
一流ビューティブランドの旗艦店やサロン
そこだけにある「体験」を知る

東京・銀座は、世界に名だたるメゾンが居並ぶ日本を代表するショッピングディストリクトだ。海外のブランド製品を「舶来品」と尊んだ時代から、高級品をショッピングする特別な場所としてその名を轟かせてきた。そしていま、一流ビューティブランドの旗艦店やサロンも集まるという、稀な場所でもある。それは、気軽にコスメにアクセスできるスポットに留まらず、それぞれの理念や哲学に触れることができる「美の発信地」。そこだけにある「体験」をテーマに、銀座の「ビューティスポット」を巡った。


美と感性を磨きながら
最先端の美容理論に触れる
ポーラならではのアート空間

銀座とひとくちに言っても、晴海通りを境に雰囲気が少し違う。銀座一丁目は京橋や東京駅、日本橋へもそう遠くない距離。ビジネス街としての銀座でもあり、またギャラリーなども多く点在して、落ち着いた様子を見せるエリアだ。有楽町線・銀座一丁目駅のほど近く、空へまっすぐに伸びるようなデザインで一際目を引く建物がある。2009年にオープンした「POLA THE BEAUTY GINZA」(ポーラ ザ ビューティ銀座)だ。店内に足を踏み入れると目を奪われる、美しい流線を描く内装と天井から下げられたオブジェは、フランス人デザイナー、ジャン・フィリップニュエルが手がけたもの。現代女性の持つピュアな透明感やナチュラルな美しさがイメージされている。店頭のウインドウディスプレーは定期的に変更され、道行く人の目を楽しませる。3階の「ポーラ ミュージアム アネックス」とリンクしたアート作品が展示されることも多いという。

ポーラザビューティ銀座外観 ポーラザビューティ銀座外観

中央通り沿い、銀座一丁目駅からすぐという好立地。

ポーラザビューティ銀座の店内 ポーラザビューティ銀座の店内

フランス人デザイナー、ジャン・フィリップニュエルが手がけたオブジェが美しい。天井が高く、オブジェが映える店内。1階ではコスメを自由に試し、ビューティ ディレクターによるカウンセリング、タッチアップを受けることも可能。

美術館を持つポーラならではのアート空間が広がっている店内に入ると、1階には最先端の技術力を駆使したスキンケアのラインが並び、自由にトライできる。10年ぶりに新たに承認された美白有効成分「PCE-DP」を配合して話題の「ホワイトショットLX」「ホワイトショットMX」もぜひ試してみたいもののひとつだ。また、動画とAI技術を用いた業界初の肌分析技術を導入、862万通りのパターンからおすすめのアイテムが選びだされることで話題の「APEX」のための肌プランニングも、受けることができる。


ポーラ「リンクルショット メディカル セラム」 ポーラ「リンクルショット メディカル セラム」

発売以来、高い人気を誇るシワ改善美容液、ポーラ「リンクルショット メディカル セラム」。

「APEX」の肌分析 「APEX」の肌分析

7月にリニューアルしたパーソナライズドブランド「APEX」。独自の肌分析技術で「肌のコンディション」と「肌のポテンシャル」を分析。一人一人にあったおすすめのケアを提案する。

地下1階には、銀座の喧騒とは別世界のような空間が広がるエステルームを併設。ここが中央通りに面しているとは思えない静けさと広々とした個室がラグジュアリーだ。ポーラのスキンケアと、エステティシャンの卓越した技術を体験できる。フェイシャルからボディケア、ブライダルエステなど、メニューも豊富だ。「POLA THE BEAUTY GINZA」は、最先端の肌研究の成果と定評あるエステティック、そしてアートのある空間で、ポーラの魅力を堪能できる場所だ。

ポーラ地下のエステティックサロン ポーラ地下のエステティックサロン

地下1階のエステブース。ゆったりとした個室で心身ともにリラックスできる。人気のコースは、B.AプレミアムL(約80分)12,420円(初回限定料金)


最先端の肌解析機器が揃う
ソフィーナの美の情報発信拠点で
じっくり肌と向き合う時間をもつ

銀座一丁目を背に、四丁目の交差点へ向かって歩く。ほんの1ブロック移動しただけで、加速度的に賑わいが増していく。特に銀座松屋の前まで差し掛かると、すれ違う人の多くはインバウンドの観光客。アップルストア銀座を右へ曲がると、フューチャリスティックなガラス張りの建物が「SOFINA Beauty Power Station」(ソフィーナ ビューティ パワー ステーション)だ。専門的な肌解析とスキンケアレッスンを受けることができる「花王の美に関する知見を結集した情報発信拠点」という位置づけである。特筆すべきなのは、パーソナルレッスンスタジオで実施している「ビューティパワーレッスン」(完全予約制 約120分 3,000円)だ。最先端の肌解析機器を用いて、水分、セラミド、キメ、透明感などの8つの項目を詳細に分析。それらの結果に基づき、スキンケアの効果を引き出すお手入れ方法を、マンツーマンでレクチャーしてくれる。

ソフィーナ ビューティ パワーステーション ソフィーナ ビューティ パワーステーション

白いライティングがさらに近未来感を高める店内。

ソフィーナ ビューティ パワーステーション 店内 ソフィーナ ビューティ パワーステーション 店内

最先端の機器とクレンジングのための洗面台を備えた測定用の個室。肌に負担をかけないクレンジング方法のレッスン後には、5種の肌解析機器を使用した肌測定を。これまでに訪れた方からは「最先端の機器が揃っていて研究所のようだ」「こんなに専門的に肌を解析してもらうのは初めて」といった声が寄せられているという。

ソフィーナ肌解析機器 ソフィーナ肌解析機器

肌解析機器を使用して、詳細に肌の状態をチェックする。


ソフィーナ スキンケアレッスンの風景 ソフィーナ スキンケアレッスンの風景

パーソナル ビューティ エキスパートがスキンケアの手順をていねいにレクチャー。理想的な肌の触れ方などレッスン式で体験できる。スキンケアレッスン後は同じ個室で備え付けのコスメを使ってメイクを試せる。

ソフィーナ製品も購入できる ソフィーナ製品も購入できる

同じ銀座にソフィーナ製品を試しながら購入できるショップも。肌のクイックチェックは予約不要で受けられる。

スキンケアレッスンでは、肌解析を使用し、今後の肌予測を踏まえたアドバイスが可能。使用量や塗り方、肌悩みにアプローチするパーソナルメソッドのレクチャーもあり、ちょっとしたサロン気分が味わえる。たっぷり2時間、自らの肌と向い合った後は、銀座の街へ繰り出すという人も多い。専門的な肌解析とスキンケアレッスンを受けることができるスポットだ。フラッグシップ店からコンセプトショップ、また妍を競う百貨店の化粧品売り場まで含めれば、銀座はやはり、美容を語る上では欠かせないスポット。銀座のビューティスポット探訪はまだ続く。

 

 

POLA THE BEAUTY GINZA
(ポーラ ザ ビューティ銀座)
東京都中央区銀座1-7-7
営業時間 11:00〜20:00
※エステ、APEXは要予約
https://www.pola.co.jp/special/polaginza/

 

 

SOFINA Beauty Power Station
(ソフィーナ ビューティ パワー ステーション)
東京都中央区銀座3-4-12
営業時間 11:00〜20:00
不定休
https://www.sofina.co.jp/bps/

銀座一丁目から銀座4丁目まで
ビューティスポットの最新アドレス

 

◆アスタリフト ギンザ
2018年にオープンしたアスタリフトのフラッグシップショップ。アスタリフトシリーズ、サプリメントの全製品を自由に試せるタッチ&トライスペースや、タブレット端末を使用して肌状態を確認するセルフ式肌診断サービスを導入。フェイシャルトリートメントを受けられるサロンも併設。
https://shop-healthcare.fujifilm.jp/about/storeinfo/#GINZA

 

◆ミキモト コスメティックス ギンザ
ミキモト コスメティックスの直営店。ていねいなカウンセリング、肌分析、ビューティーアドバイザーがその人の魅力を引き出すメイクを教えてくれるメイクアップサービスも実施する。また、オールハンドで行うエステティックサロンも人気だ。
https://www.mikimoto-cosme.com/ginza/

 

◆銀座松屋
1階化粧品フロア
30ブランド以上のコスメブランドが揃う。イトリン、クリスチャン ルブタン ビューティ、ロジェ・ガレなど、銀座地区では松屋だけの扱いブランドもラインナップする。
http://www.matsuya.com/m_ginza/

 

◆銀座三越
地下1階 ギンザ コスメ ワールド
銀座でも有数な、40以上のコスメブランドを網羅。コスメ選びをサポートする「ギンザボーテ コンシェルジュ」や、ナチュラルコスメを展開する「トータルコスメ」コーナーなどを展開。
https://www.mitsukoshi.mistore.jp/ginza.html

 

 

銀座・ビューティスポット探訪(後編)へつづく

Text by Mihoko Ishikawa
Photography by Ahlum Kim

ページの先頭へ