足を留めてしまうスタイリッシュなファサード。Photography by takumi ota

Experiences

Spotlight

美を発信する2つの資生堂(後編)

2019.9.10

伝統から創造へ。「SHISEIDO THE STORE」で美のすべてを体験する

足を留めてしまうスタイリッシュなファサード。Photography by takumi ota

資生堂のすべてを結集し
美しさと感性を育てる
SHISEIDO THE STORE

ボーダーレスな賑わいを見せる銀座4丁目を背に新橋方面へ歩くと、中央通りと花椿通りが交差する銀座7丁目へたどり着く。思わず足を止めずにはいられないスタイリッシュなビル、それが資生堂の美と創造性のすべてを享受できる「SHISEIDO THE STORE(シセイドウ ザ ストア)」だ。ここにあるのは、単なるショッピング体験だけでない。1階から4階までフロアごとに、資生堂が表現する美と文化に触れる体験が待っている。

 

1階は、資生堂を代表するブランドがワンストップで試せ、購入もできる「BEAUTY SQUARE 1」。近年、海外からのゲストも多く、店内を飛び交う言語も様々。そのため多言語に対応するスタッフもおり、日本を代表するコスメブランドのフラッグシップショップであることを実感する。テスターに並ぶコスメの数々を手に取り、あれこれと試していると、時間はあっという間に過ぎていく。

天井から下がるオブジェに光があたると、その影が花椿をかたち作る、この遊び心。 天井から下がるオブジェに光があたると、その影が花椿をかたち作る、この遊び心。

天井から下がるオブジェに光があたると、その影が花椿をかたち作る、この遊び心。

壁面の模様もよく見れば花椿で彩られている。什器やオブジェ、ライトなど、あちこちにひそむ花椿のモチーフが、目を楽しませる。 壁面の模様もよく見れば花椿で彩られている。什器やオブジェ、ライトなど、あちこちにひそむ花椿のモチーフが、目を楽しませる。

壁面の模様もよく見れば花椿で彩られている。什器やオブジェ、ライトなど、あちこちにひそむ花椿のモチーフが、目を楽しませる。


資生堂のコスメがずらりと並び、自由に試せるのが魅力。 資生堂のコスメがずらりと並び、自由に試せるのが魅力。

資生堂のコスメがずらりと並び、自由に試せるのが魅力。

2階も資生堂の豊富なラインナップを自由に試せる「BEAUTY SQUARE2」へと続く。ここではカウンセリングスペースをゆったりと豊富に取ってあるため、ぐっと落ち着いた印象だ。リニューアルした「クレ・ド・ポー ボーテ」のベーシックスキンケア「キーラディアンスケア」を体感したいときは2階へ。話題の美容液「ル・セラム」なども、試すことができる。

洗顔後の肌にまずファーストステップの美容液「クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラム」(医薬部外品)を。輝きとうるおい、ふっくらとした肌へ導く。(25,000円 税抜) 洗顔後の肌にまずファーストステップの美容液「クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラム」(医薬部外品)を。輝きとうるおい、ふっくらとした肌へ導く。(25,000円 税抜)

洗顔後の肌にまずファーストステップの美容液「クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラム」(医薬部外品)を。輝きとうるおい、ふっくらとした肌へ導く。(30㎖ 16,000円 50㎖ 25,000円 税抜)

フロア全体がゆったりして過ごしやすい。ランプシェードも花椿のかたちだ。カウンセリングスペースや、「SHISEIDO THE STORE」メンバープログラム会員限定のスキンケアキャビンもある。 フロア全体がゆったりして過ごしやすい。ランプシェードも花椿のかたちだ。カウンセリングスペースや、「SHISEIDO THE STORE」メンバープログラム会員限定のスキンケアキャビンもある。

フロア全体がゆったりして過ごしやすい。ランプシェードも花椿のかたちだ。カウンセリングスペースや、「SHISEIDO THE STORE」メンバープログラム会員限定のスキンケアキャビンもある。


ここからはじまる
時別な時間
資生堂の神髄に触れる

3階の「BEAUTY BOOST BAR&PHOTO STUDIO」(ビューティーブーストバー&フォトスタジオ)は、プロのアーティストによるヘアメイクが受けられるスペースだ。フルメイクアップ(約50分 6,500円 税抜)で最高の自分を演出してもらうことができる。また、アイブロウデザイニング(約15分 2,000円 税抜 要予約)や前髪カット(約15分 2,000円 税抜 要予約)など、日常的に使えるサービスもうれしい。プロのカメラマンがいるフォトスタジオも隣接し、大切な日のための最高の1枚を撮影できる。

メイクアップと合わせて、ヘアスタイリングも可能。Photography by takumi ota メイクアップと合わせて、ヘアスタイリングも可能。Photography by takumi ota

メイクアップと合わせて、ヘアスタイリングも可能。Photography by takumi ota

PHOTO STUDIO 3階 PHOTO STUDIO 3階

ヘアメイクアップ付きフォトプラン(レディース 約12024,500円 メンズ 約9015,000円 ともに税抜)があり、就職活動用や最近ではSNSでのプロフィール写真のためにメイクと撮影を希望する人も多い。Photography by takumi ota

3階には、「クレ・ド・ポー ボーテ」を使ったオールハンドのお手入れが受けられるプレミアムサロン「ESPACE CLÉ DE PEAU BEAUTÉ」(エスパス クレ・ド・ポー ボーテ)も存在する。落ち着いた趣の青の部屋と、上品でクラシックな白の部屋の2つのキャビンを擁し、プレミアムな時間を過ごせる贅沢な空間となっている。


ボーテ スタンダード(約100分 27,000円 税抜)など、確かなオールハンドの技術を堪能したい。Photography by takumi ota ボーテ スタンダード(約100分 27,000円 税抜)など、確かなオールハンドの技術を堪能したい。Photography by takumi ota

ボーテ スタンダード(約100分 27,000円 税抜)など、確かなオールハンドの技術を堪能したい。Photography by takumi ota

4階には、いま話題の「PERSONAL BEAUTY SESSION」(パーソナルビューティーセッション)がある。個室で自分に合ったメイクアップのレッスンを受けられる。「ゴールデンバランスメイクアップレッスン」(約90分 15,000円 税抜 要予約)は、専門機器で分析後、美の黄金比に基づき、その人の骨格、目や鼻などのパーツの位置から、好感度の高いバランスになるようにメイクアップ指導をしてくれるというもの。予約がすぐ埋まってしまうほどの人気だという。

「パーソナルビューティーセッション」の個室。「ゴールデンバランスメイクアップレッスン」は口コミで人気が高まった。Photography by takumi ota 「パーソナルビューティーセッション」の個室。「ゴールデンバランスメイクアップレッスン」は口コミで人気が高まった。Photography by takumi ota

「パーソナルビューティーセッション」の個室。「ゴールデンバランスメイクアップレッスン」は口コミで人気が高まった。Photography by takumi ota

フード、ブックス、グッズ、イベントの4つのシーンを常設したコミュニティースペース「SHISEIDO THE TABLES」(シセイドウ ザ テーブルズ)も4階にある。旬の野菜を使ったお弁当やスイーツの楽しめるカフェスペースで、季節ごとのテーマに合わせてセレクトした本や、毎日が豊かになるオリジナルグッズやファッションアイテムなどが購入できるコーナーもある。ビューティーセミナーやワークショップも開かれ、まさに美の情報発信基地だ。銀座とは思えないほど、ゆったりとしたカフェスペースで、静かなティータイムを過ごせば、心まで整う。

その時々のテーマに合わせたデザートなども用意。銀座には稀有なくつろげるカフェ。Photography by takumi ota その時々のテーマに合わせたデザートなども用意。銀座には稀有なくつろげるカフェ。Photography by takumi ota

その時々のテーマに合わせたデザートなども用意。銀座には稀有なくつろげるカフェ。Photography by takumi ota

明治5年、銀座に創業した資生堂。横浜から新橋に鉄道が開通した年でもある。さまざまな欧米文化との出合い、そして日本文化と融合し根付かせていく道のりは、まさに日本の、そして資生堂の歴史と重なる。「THE GINZA COSMETICS GINZA」と「SHISEIDO THE STORE」、この2つのスポットには、創業当初から真の美しさと文化を発信し続けてきた、資生堂の哲学が息づいているようだ。単に美しくなるだけではない。深く、女性の人生に寄り添う2つの資生堂。それがここ、銀座が日本の美の中心地の理由である。

SHISEIDO THE STORE
(シセイドウ ザ ストア)
東京都中央区銀座7-8-10
営業時間 11:00〜20:00
不定休
※エステ、ヘアメイク、フォトスタジオ、メイクレッスンなどは要予約。詳しくはウェブサイトを。http://thestore.shiseido.co.jp

Text by Rika Endo
Photography by Ahlum Kim
ページの先頭へ