特選“京都”:京都名所の特徴をデザインに落とし込んだ「京東都(きょうとうと)」のストール

2016.06.02

 

rd850_-1604LIFE29_KYOTOSHIMASHIMA1 rd850_-1604LIFE29_KYOTOSHIMASHIMA2 rd850_-1604LIFE29_KYOTOSHIMASHIMA3
名所を播州織と絞り染めで表現した「ニッポン・キョウト・シマシマシリーズ」

「京東都(きょうとうと)」は、ニッポンの伝統・京都とニッポンの今・東京を掛け合わせたブランドネーム。京都に拠点を構え、新しい文化継承のかたちや刺繍の可能性を考える刺繍ブランドです。

京東都が手掛ける「ニッポン・キョウト・シマシマシリーズ」は兵庫・西脇の播州織の生地をベースに染めを施した肌触りのよいストール。シャツ生地で有名な播州織でストールを作りたいという発案からスタートしました。ただストライプを幅の違いで表現するだけではつまらないと、京都ならではの名所を巡り、その名所のアイコンとなっている建造物の縞模様のピッチを再現。さらに染めを施し、ボーダーと染めを絶妙なバランスでデザインしています。

次ページ《誰かに話したくなる物語のあるデザイン

Area