大相撲初場所、人気力士が続々休場でがっかり…。

2016.01.17

《プレミアムジャパン公式相撲キュレーター古屋美枝さんの相撲ブログvol.13》

休場が相次いでいます…、
まず6日目から、安美錦、照ノ富士、常幸龍が休場。
さらに7日目からは、遠藤が休場!
安美錦はインフルエンザなので、8日目から再出場の予定とのこと。

とりあえず、よかった!

照ノ富士は右鎖骨骨折と左膝靭帯損傷。
休場するのは初めてのことです。
4日目の碧山戦で鎖骨、折れてたんだ…。

確かに、5日目に出場したときには、痛み止めの注射を打っているとのことでしたが。
そして、16日には入院。手術をするようです。
もう今場所は出場できないため、来場所はカド番。
来場所、休場したり負け越せば大関陥落になるけど、照ノ富士は若いから大丈夫!
ケガをしっかり治して、絶対に横綱になってほしいです。

常幸龍は右膝内側側副靭帯損傷。
膝の靭帯、傷める人、多いな…。

最後に遠藤は、右足首捻挫で全治2週間。
もう!! やっと待望の休場だよ!!!(T_T)

もちろん遠藤のいない土俵はさみしすぎるのですが、この機会に以前から傷めている左膝もしっかり治して、本来の遠藤の相撲を取れるようになってほしいものです。
今場所、このまま再出場しなければ、十両に陥落してしまうけど、遠藤もケガを治せば確実に上がってこられる実力の持ち主だから大丈夫!

強い遠藤を見られるのを気長に待ちたいと思います。

rd500_12528326_971061212966541_947881667_o
▲初の休場となった照ノ富士。横綱になる人なので、今のうちにしっかりケガを治してほしいです!

 

古屋美枝

相撲ウォッチャー・美容ライター。両親の影響で、幼少のころから東京場所のときは国技館で観戦。ナチュラルに相撲ファンとして育ち、現在も場所中は相撲を第一に生活。ほかライフワークはサーフィンと牡蠣の食べあるき。

 

 

Area