ブログ

大相撲、九州場所千秋楽。 日馬富士、優勝!

2015.11.23

 

《プレミアムジャパン公式相撲キュレーター古屋美枝さんの最新情報です》

前回から引き続き、九州場所千秋楽のことを書きます。

千秋楽恒例の協会ご挨拶は、北の湖理事長に代わって、八角親方がつとめられました。
北の湖理事長が亡くなったことについて触れられなかったのは、「土俵を最優先する」という理事長の意向を踏まえてのことだそうです。

rd500_2

一年納めの九州場所も、この一番にて千秋楽。

白鵬-鶴竜戦です。

白鵬関が勝てば、日馬富士関との優勝決定戦。
鶴竜関が勝てば、日馬富士関の優勝です。

さて立ち合い。
白鵬関は右四つ、左上手を取って、自分のかたちか、というところで、鶴竜関が右に振り、両差し、あっという間に寄り切って、鶴竜関の勝ち。
鶴竜関、ここで横綱としての意地を見せましたね。
白鵬関、3連敗…。
そんなこと、普通ならあり得ないので、心配です。
今日の立ち合いも、鋭さがなく、何かふわっとしていたし、いつもの白鵬関らしさがないような…。
体調が悪いのかな。

私的には、白鵬にはまだまだ絶対的に強い横綱でいてほしいので、来場所以降も頑張ってほしいです。
とにかく、この一番で、日馬富士関の、2年ぶり7回目の優勝が確定しました。
こうなるならなおさら、松鳳山関、今日の負けは本当に惜しまれただろうなぁ。
あそこで勝っていれば、地元•福岡で横綱との優勝決定戦。めちゃくちゃ盛り上がっただろうに…。

rd500_1
表彰式の様子です。
優勝旗は日馬富士関の師匠、伊勢ヶ濱審判部長から手渡されました。
日馬富士関は大怪我を乗り越えて、久々の優勝。

おめでとうございます。

今の現役力士のなかでも、「観ていておもしろい相撲」を取ってくれる数少ない1人だと思うので、まだまだ頑張ってほしいです。

皆さま、今場所もお疲れさまでした!

 

 

古屋美枝

相撲ウォッチャー・美容ライター。両親の影響で、幼少のころから東京場所のときは国技館で観戦。ナチュラルに相撲ファンとして育ち、現在も場所中は相撲を第一に生活。ほかライフワークはサーフィンと牡蠣の食べあるき。

 

 

 

 

Area