アニメとリンクする街「阿佐ヶ谷アニメストリート」

2016.01.18

reIMG_1284

日本が世界に誇るアニメを生み出す街にできたスポット

東京23区の西側に位置する杉並区や中野区には、アニメ制作会社が数多く所在しています。古くは角川映画の大作アニメ『幻魔大戦』、NHKで放映された人気作『カードキャプターさくら』、細田守監督のアニメ版『時をかける少女』などで有名なマッドハウス。いまや国民的アニメとなった『ガンダム』シリーズのほか、2015年末の紅白歌合戦にも登場した『ラブライブ!』といったメジャー作品を手がけるサンライズなど、一度は耳にしたことのある作品があることでしょう。

そんなアニメの産地ともいえる杉並区のJR阿佐ヶ谷駅とJR高円寺駅間の高架下に、「阿佐ヶ谷アニメストリート」が2014年3月にオープンしました。アニメを作る人と見る人が繋がれる場所として作られ、アニメに関するグッズショップやカフェなどが集う個性派商業施設として国内外から注目が集まっています。

次ページ《男装レイヤー向けのコスプレショップ