パリから逆上陸したニッポンの苔玉「MASUMOSS」

2016.03.03

rd850_1602LIFE21_masmoss1
ヨーロッパで話題を呼び、日本に逆上陸

世界でも注目されている日本の美。盆栽=BONSAIもそのひとつです。桝(MASU)と苔(MOSS)を組み合わせたこの「MASUMOSS(マスモス)」は、園芸が盛んな新潟市秋葉区で生まれたグリーンインテリア。植物の根を土で球状につつみ、そのまわりに苔を生やした「苔玉」といわれる盆栽の一種をモダンな雰囲気で仕上げています。

実はこの「MASUMOSS」、例年パリで開催される世界有数のインテリアの見本市「メゾン・エ・オブジェ」でデビューし、パリをはじめとするヨーロッパをメインに展開しているそう。高感度な各国のバイヤーも注目しており、問い合わせが増加しているのだとか。

 

次ページ《森林資源を大切にするエコマインド

Area