ムーミンと九谷焼のコラボから生まれた美しい小皿セット

2016.09.25

rd850_1Japan_Kutani_Gosai_img

伝統的な九谷焼の魅力とムーミンキャラクターのかわいさが融合

キャラクターグッズは確かにかわいいけれど、大人が普段使うには、やはりちょっと子供っぽすぎる…。そんなイメージを覆す、まさに「大人のためのキャラクターグッズ」を発見しました。

美しい色彩が目を引く、おしゃれなこの九谷焼の小皿。よく見ると模様の中にいるのは、あの「ムーミン」のキャラクターたち!竹林の中を駆け抜けるムーミン、松の木の下でひと休みするスナフキンなど、絵本のワンシーンから抜き出してきたような微笑ましいシーンが表情豊かに描かれています。日本の吉祥柄である植物の中にフィンランド生まれのトロール(妖精)たちが、違和感なくマッチしているのにはちょっとびっくり。

2rd850_23Japan_Kutani_Gosai_Moomin竹の葉を散らして駆け抜けるムーミントロール(左)。ミムラは大輪の牡丹の花と(右)

3rd850_45Japan_Kutani_Gosai_LittleMy桜を眺めるミイは赤一色使い(左)。スノークのお嬢さんは梅の木にもたれてお昼寝(右)

4rd850_67Japan_Kutani_Gosai_Snufkin

松の木もよく似合うスナフキン(左)。皿の裏側の銘にもこんなかわいらしい絵柄が(右)

九谷焼の「五彩」とキャラクターカラーが見事に対応

ムーミンと九谷焼という異色のコラボレーションを実現したのは、「生活の中にアートを取り入れる」というコンセプトでさまざまなプロダクトを発信するブランド「amabro」。これまでも、有田焼などに使われる呉須(青い顔料)を生かしたムーミン柄のそば猪口や茶碗などをリリースしてきましたが、今回の特徴はなんといっても九谷焼の魅力である赤、黄、緑、紺青、紫の五彩を生かしたカラフルな色使い。

「ムーミンのキャラクターには、それぞれ個性に応じたキャラクターカラーがあるんです。今回は、ミイが赤、スノークのお嬢さんが黄、スナフキンが緑、ムーミンが紺青、ミムラが紫という具合に、九谷焼の五彩と対応させました」(アートディレクター・鈴木優哉さん)

 

次ページ《ムーミンの家をかたどったボックス入りでギフトにもぴったり》

Area