葛飾北斎の傑作を堪能!「すみだ北斎美術館」レポート

2016.12.21

rd850_rd850_DSC04242

北斎の故郷に誕生した美術館

浮世絵界のスーパースター・葛飾北斎の作品や資料などを集めた美術館「すみだ北斎美術館」が先月、東京都墨田区・両国にオープンしました。

場所はJR両国駅から歩いて約10分。江戸の下町文化が漂うエリアで公園の敷地内に立つ、メタリックな外観の美術館です。

北斎が1790年に誕生し、およそ90年にわたる生涯の大半を過ごした墨田区。この美術館では約1800点近くのコレクションを所蔵しており、北斎の名作を鑑賞しながら、当時の江戸の暮らしを身近に感じることができます。

rd850_rd850_DSC04249
(上の写真)大胆な切込みが入った美術館の入り口

rd850_tatemono
(上の写真)3階の館内風景。ホワイエの窓からはスカイツリーが見えます。

建物は4階建てで、2つの企画展示室と常設展示室、講座室、図書室、ミュージアムショップがあります。設計は世界的な評価を受けている妹島和世さん。「金沢21世紀美術館」や、フランスのルーヴル美術館分館の「ルーヴル=ランス」など多くの公共施設を設計した気鋭の建築家です。

 

次ページ《北斎の画業と人生をたどる常設展示室》