和歌山県・高野山金剛峯寺でお坊さんの世界を体験できる!11月3日より「六波羅蜜」(ろっぱらみつ)開催

2017.10.10

sub12
11月3日(金)、4日(土)、5日(日)の日程で、高野山の歴史と文化を体感できる催事「六波羅蜜(ろっぱらみつ)」が和歌山県・高野山金剛峯寺にて開催されます。

世界遺産にも登録され、国内のみならず海外からも多くの人々が訪れる和歌山県・高野山。最近では、若い世代を中心にSNSでも注目を集めていますが、高野山の魅力といえば、なんといっても”お寺やお坊さんが身近”であるということ。お坊さんの指導による写経体験や瞑想体験はもちろんのこと、宿坊に泊まりお坊さんが運んでくれる精進料理を食し、朝勤行ではお坊さんの修行の世界を目の前で見る事が出来ます。
仏教では、社会と人々のために活動する僧侶がその実践において、とるべき6つの項目を「六波羅蜜」と呼んでいます。この催事では「美しく生きるための六種のヒント」とも言うべき、僧侶の日々の修行の本質を学べます。

Print

「六波羅蜜」は開催から5年目をむかえ、「MIGAKU」(僧侶とともに仏器を磨きながら自身の心も一緒に研く)や「mono加持」(大切な”もの”を加持=お祈りする)などの体験も新たに加わり、よりお坊さんの世界を体験学習できるように。また、催事中限定の御朱印「六波羅蜜朱印」も授与され、普段見る事の出来ない夜の金剛峯寺で、仏教音楽のひとつである声明を聞きながら特別公開中の石崎光瑶画伯障壁画「虹雉(こうち)」を楽しめます。

この機会に足を運び、滅多にない機会である僧侶の日々の修行を体験してみては。

 

「六波羅蜜(ろっぱらみつ)」

開催日時:2017年11月3日(金)、4日(土)、5日(日)
場所:和歌山県伊都郡高野町高野山132 金剛峯寺/霊宝館ほか
催事詳細:
・お斎 響応給仕次第展示……高野山には、昔から「ふるまい料理」というおもてなしの精進料理があり、給仕の作法も厳しく指導されます。実際に使われるお膳、食器などが展示され、作法の手順を記した「響応給仕次第」の説明を聞けます。
・はじめての御朱印講座……昨今ブームとなっている御朱印あつめ。その歴史や意味についての講座。
・はじめてのお経講座……お経とはそもそも何かという疑問に答えてくれる講座。

sub6
・にじいろ写経……七つの神仏、それぞれのお名前をそれぞれ七色の筆で写します(仏名写経)。願い事に合わせて、神仏を選び、実際に高野山に点在する神仏にお参りします。

sub4
にじいろ写経

・MIGAKU……お寺の座敷や仏器を磨く「下座行」を僧侶指導のもと体験できます。
・mono加持……仏教の六つの実践徳目、六波羅蜜の内「禅定」にあたる心の安寧。心を穏やかに過ごすため大切な所有物を加持(お祈り)してもらえます。
・mono供養……mono加持に続く「禅定」の一つ。大切な所有物との穏やかな別れのために供養をしてもらえます。
・天空の旋律……夜の金剛峯寺特別拝観と声明ライブを楽しめます。

sub5
天空の旋律

上記以外のさまざまな体験もできます。詳しくは下記よりご確認ください。

問い合わせ先: 総本山金剛峯寺六波羅蜜催事係 0736-56-2011
http://ropparamitsu.strikingly.com/