宮崎県産の杉を使用した二段重箱と弁当箱

2015.12.21

1511MONO_17jubako1
杉の香りと美しい木目を楽しめる二段重箱と弁当箱

創業1945年の「松野屋」は自然素材を中心とした生活道具を扱う荒物問屋です。日常で使いやすく、現代の暮らしにちょうどいい“ナイスなものづくり”から生まれる暮らしの道具たちを揃えています。

そんな「松野屋」がオススメするのが、杉の生産量日本一を誇る宮崎県でつくられている宮崎杉二段重箱と二段弁当箱です。水を吸いにくく軽くて強いうえ、柾目の揃った美しさが魅力。宮崎県に広がる大自然を感じるさせる杉の香りに癒されながら、贅沢な気分にさせてくれるお重です。

1511MONO_17jubako3
温暖な気候と豊かな土壌で育つ宮崎杉

宮崎県で育つ杉の特徴は、油分を多く含み軽くて丈夫。そんな杉の木で作られる二段重箱と弁当箱は、熟練の職人技で隅々まで滑らかに仕上げられています。側面は細やかで美しい“組み接ぎ”(くみつぎ)という方法。作り手の細やかな気遣いが感じられます。

そもそも杉というのは吸湿性や殺菌作用が高く、お弁当箱や食材を入れるのに適した木材です。冷めたご飯でも、ステンレス製などのお弁当箱に比べ、美味しくいただける優れもの。また、食品衛生法をクリアしたウレタン仕上げは美しい木目を活かすことができ、料理をよりいっそう美味しく見せてくれます。

1511MONO_17jubako2
外でのお弁当や、来客へのおもてなしに

木目が美しく高級感のある二段重箱は、お正月のお節料理や花見弁当はもちろん、簡単なおつまみを詰めてホームパーティなどの友人の集まりに使ってみても楽しいですね。和菓子を入れてもいいかもしれません。

二段弁当箱はというと、スリムなシルエットでバッグに入れて持ち運びもしやすい大きさ。日常の食事シーンをホッとしたものに変えてくれる、そんな宮崎杉の弁当箱です。

 

宮崎杉二段重箱(二段分の仕切り付き)
1万8000円(税抜き)
サイズ:約W165×D165×H110mm
重さ:約500g

宮崎杉弁当箱(仕切り板1枚付き)
8500円(税抜き)
サイズ:約W158×D78×H115mm
重さ:約220g

http://matsunoya.jp/aramono/sugi_lunchbox

 

■お問合せ
暮らしの道具 谷中 松野屋
住所:東京都荒川区西日暮里3-14-14
電話:03-3823-7441
http://www.yanakamatsunoya.jp

 

≪関連記事はこちら≫

規格外に豪華! 「ホテルオータニのおせち」で新しい年を迎えよう

職人がひとつひとつ手作業で作る逸品、銅手打ちおろし金

 

Area