グルメ

ごちせんの「おまめはん」:「お米が主役」 vol.35 柏木智帆

2016.07.05

rd850_-rd850_--2

ふっくら ほっこり もちもち しあわせ豆ごはん

もちもちのお米に、まぁるい赤大豆と青大豆が入った大豆ごはん。お米が「ふっくら」、お豆が「ほっくり」の炊きあがり。あったかくて、なんとなく幸せを感じる響きです。米粒がツヤツヤ、豆粒がツヤツヤ。燦然と輝く、その姿に思わず惚れ惚れ。ひとくち食べると幸せな気持ちに浸れる豆ごはんです。

大豆ご飯セット「おまめはん」を販売しているのは、古今東西の厳選した食べものを提供する「ごちせん」。群馬県藤岡市にある「上州百姓・米達磨」の山口俊樹さん・あきらさんご夫妻が生産する「さわぴかり」という品種のお米を使っています。さわぴかりは群馬県で生まれた品種。作り手が減っているそうですが、「もちもちとした、とってもおいしいお米なので、つくり続けています」と、俊樹さん。炊きあがったお米と大豆がばらばらにならずに一体となるのは、もっちりとしたお米のおかげなのです。

大豆は、青大豆と赤大豆の2種類でいずれも在来種。青大豆は、在来種の「さといらず」という品種で、“砂糖いらず”な、ほのかな甘みが特徴。赤大豆は、ごはんをうっすらピンク色に染め上げます。華やかで優しく柔らかな印象の大豆ごはんは、ハレの食卓やギフトにもおすすめです。

次ページ《大豆の種類や量で味わいに変化 気分によってカスタマイズも

Area