桃太郎トマトの新たな旨み発見! 魅惑の「でざあととまと」

2016.07.09

 

rd850_-1602EAT03_DesertTOMATO1

リコピンやビタミンCも豊富なトマトが絶品デザートに

日本のおいしいトマトと言えば、岡山県産の「桃太郎」。サラダにしても、そのまま塩で食べても箸が進みますが、なんとこの桃太郎トマトがデザートになってしまいました。その名も「でざあととまと」。ていねいに湯むきされ、ほどよくシロップ漬けにされた桃太郎トマトがまるまる一個、その旨みごと封じ込められたゼリーです。

トマトにたっぷり含まれるリコピンは、抗酸化作用がβカロチンの2倍、ビタミンEの100倍とも言われる栄養素。また、ビタミンCも豊富なトマトは、美容や健康の観点からも非常に優秀な食材です。自分へのごほうびに、手土産やギフトにしても喜ばれること間違いありません。

rd850_-1602EAT03_DesertTOMATO6
特別栽培農産物にも指定されている三宅農園の桃太郎トマト

「でざあととまと」に使われている桃太郎トマトは、岡山県高梁市の三宅農園で大切に育てられたもの。農薬の使用を控え、発酵肥料を使っていることから、特別栽培農産物に指定されています。農園は高地に位置するため、朝の露による保湿効果も。水はけの良い砂土壌で栽培されたのち、収穫の40日前から水を断つことで、実がつまって甘みと酸味のバランスの良い桃太郎トマトに育つのだそうです。

 そんなおいしい桃太郎トマトが、ひと玉そのままの形で封じ込められたゼリー。スプーンですくって丸々いただくのも、なんだか贅沢な気分です。

rd850_-1602EAT03_DesertTOMATO3
トマトを包むゼリーにも、桃太郎トマトのピューレをたっぷり使用

トマトの湯むきは傷つけないよう手作業で行われ、一度シロップ漬けに。このひと手間で野菜特有の青臭さもマイルドになります。ひと玉ひと玉を封じ込めるゼリー液にも桃太郎トマトのピューレが惜しみなく使われ、りんご果汁などの味付けによってフルーツゼリーのようなフィーリングを持ったデザートとなりました。

岡山県産の青果を県外にも発信するため、素材を活かしたさまざま商品開発を行っている岡山県青果物販売株式会社が手がけた、珠玉の野菜デザート「でざあととまと」。ほかのトマトゼリーとは一線を画すそのこだわりと仕上がりに、全国各地からお取り寄せするファンも多いとか。

 

「でざあととまと」
内容量:1個(240g)
価格:648円(税込)

■お問い合わせ
岡山県青果物販売株式会社
電話:0120-74-8910
http://www.umaina.jp/SHOP/0080.html

《関連記事はこちら》

野菜と果物をおいしく、美しく取り入れるアイテム6選

柑橘系の風味を持つ朝倉山椒の余韻「朝倉山椒のタプナード」