グルメ

【東京 原宿】東郷の杜のフレンチレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」では時差無しのニースが進行中

2016.08.06

rd850_273

都会にいながら、仏高級リゾート地の最新美味が堪能できるレストラン

世界を席巻している「カワイイ」文化の中心地、原宿竹下通りの喧騒を離れ、歩くこと数分。樹齢百年を超す木々に囲まれた美しい東郷の杜の中に、都心にいながらニースのリゾートの風が感じられるレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」はあります。メニューは全てニース本店と同時進行、時差無しで本場の味が楽しめます。

rd850_243
ダイニングの、どのテーブルからも外の景色が目に入り、今なら夏の青葉が風にそよぐ爽やかな光景が、外の暑さを忘れさせてくれます。

rd850_257
各テーブルには、6種類のシャガールの絵のウエルカムプレートがセットされていて、どの絵柄の席に着くかワクワクしてしまいます。他にも、コートダジュールの海岸の石やオリーブの木などが配され、南仏リゾート気分を高めてくれます。

次ページ《夏のニースなら「ブイヤベース」》

Area