自然の滋味をじっくり味わう贅沢茶漬け、田舎庵の「天然鰻 鰻茶漬け」

2015.10.28

unagimain1

天然物は北九州の干潟産のみ使用

北九州の小倉にある鰻の名店、田舎庵の味を、取り寄せで食べられる贅沢な一品が「天然鰻・鰻茶漬け」です。

もともと八幡の料亭だった田舎庵を鰻専門店へと変えたのは、鰻の旨さと奥深さに魅せられた現社長。まず、素材である鰻あってこその焼き方であり、タレであると、天然物も養殖物も自ら漁師や生産者を訪ね歩き、納得できるものだけを仕入れるルートを築いたそう。

季節にしか食べられない天然物は、豊前海や有明海の干潟で、ストレスのかからない伝統漁法で獲ったものだけを使用する徹底ぶりです。

鰻の味を堪能させる独自の調理法

鰻の蒲焼といえば、蒸してから焼く江戸風と焼きながらタレをつけていく上方風がよく知られた調理法。北九州では上方風が一般的ですが、田舎庵は両方のいいとこどりを狙って独自の調理法を用います。30分以上をかけて半分くらいに縮むまでじっくり火を通した鰻は、表面はカリカリ、中はしっとりの絶妙の加減に。

ほどよく脂が落ちているので、しっかり鰻の味はするのに臭みはなし。有名店を食べ歩いた客をもうならせる味は、豊かな自然と質を大切にする漁師、手にした恵みをていねいに扱う料理人のコラボレーションから生まれているのです。

unagisub1

熱いお茶で蒸されたところをサラリと

そんな田舎庵の味を家庭で手軽に味わえるのが、お茶漬け用の佃煮。お重や丼に向かない小ぶりなものなどに国産の無添加調味料を使い、蒲焼きと同じように手間ひまかけてつくられます。

名店の天然鰻はどれほどのものか。小倉へ飛ぶ前に、お取り寄せでためしてみるのも一興。温かいご飯にのせ、熱いほうじ茶か番茶をかけていただくのがおすすめです。

 

「天然鰻 鰻茶漬け」

180g入り

5000円(税抜き)

 

■ホームページ

http://inakaan.com