中毒性があるかも!? おやつからお酒まで“わさび好き”を虜にする商品たち

2017.03.25

img01

お寿司やざる蕎麦を食べる時は欠かせないという人も多い「わさび」は、独特の風味と辛さが特徴の日本原産の植物。わさびを使った商品ラインナップは幅広く、定番の「わさび漬け」や「わさびふりかけ」以外にもたくさんのものがあります。今回は、わさびを使った食べ物や飲み物をご紹介。わさび好きの人は必見ですよ。

上記イメージの画像出典:hiro / 山葵2 (from Flickr, CC BY 2.0)

手軽に食べられるおやつ

煎餅やおかき、柿の種やポテトチップスなど、わさび味のスナックはたくさんあります。刺激的な味と鼻に抜ける香りの虜になる人は多く、「無意識にわさびせんべいに手が伸びてしまう」「わさびポテチが美味すぎて食べる手が止まらない」という中毒者もいるようす。また、春日井製菓株式会社から販売されているカリッとおいしいわさび味えんどう豆スナック「わさびグリーン豆」は、「わさびと豆、素晴らしいコンビ!」「辛くてカリカリしてて、まさに日本って感じの味。おいしい!」という声が上がるなど、海外の人からも人気を集めています。

そして、わさびのピリッとした香りがやみつきになると評判なのが、駿河湾沼津サービスエリアでゲットできる「わさびぱん」。ドライブの合間に食べたり、持ち帰って夜食にしたりと小腹を満たすのに活躍しているようです。

わさびの爽やかな香りが魅力

わさびの名産地・伊豆では、わさびを使った焼酎「わさび酎」や「わさびワイン」といったわさびの辛みと香りをとじこめたお酒が販売されています。これらは伊豆市内のお土産屋さんや酒屋さんで購入できるのですが、「遠くて伊豆まで行けない!」という人は、サッポロビール株式会社から販売されている「わさび焼酎 つんと」はいかがでしょうか? 原料のわさびは厳選された国産本わさびを100%使用。「ツーン」とした華やかな香りがさわやかで、「『つんと』とホヤ塩辛があれば4時間ぐらい飲める」「スッキリした飲み口。美味しいなぁ」とのんべえの心をがっちりつかんでいます。

ハワイでも愛される「わさび油」が最強?

鹿児島で手作りされているのは、つ~んとした辛さが癖になる「わさび油」。使いたい料理に2~3滴かけるだけでぐっと大人の味に早変わりし、和洋中すべての料理と相性抜群だそう。ハワイのローカルフード「アヒポキ丼」などで愛用されているため、ハワイのお土産屋さんでは大人気らしいです。

Twitterではわさび油を使った料理を投稿している人も多く、「厚揚げと大根とニンニクをめんつゆで煮込んで、わさび油を垂らす。酒飲みのつまみ」「からあげにかけて食べます! マイブームです」「甘塩鮭とアボカドのマヨネーズ和えに、わさび油をポトリ。本当に美味しい」といった声が上がっています。

何にでも合う上、いろいろな料理をあっという間にわさび風味に変える、わさび好きにはたまらないオイル。これぞ最強のわさび食品かもしれませんね。

 

《関連記事はこちら》

日本古来の調味料「煎り酒」や「煮貫」はシンプルなのに旨みたっぷり

関連キーワード

Area