グルメ

醤油醸造蔵と老舗和菓子店のコラボで話題!「東京おしょうゆみやげ」

2017.04.08

1703EAT01_tokyo1

東京の蔵元が手がける「お江戸醤油」を使った風味豊かな和スイーツ

醤油といえば日本の食文化を象徴する調味料のひとつ。食卓に欠かせない存在ですが、近頃はケーキやアイスといったスイーツにもよく取り入れられていますよね。

昨今は人気がすっかり定着してきた感のある醤油スイーツですが、その真打ちとも言えるのが今回紹介する「東京おしょうゆみやげ」。東京でただひとつの醤油蔵元と秋田の老舗和菓子店のコラボから誕生した、この上なくプレミアムな逸品です。土産にはもちろん、自分へのご褒美としてもぴったり!

全国の食品生産者を支援している「生産者直売のれん会」が、醤油の魅力を多方面に発信すべく展開する和菓子シリーズ「東京おしょうゆみやげ」。あきる野市にある都内唯一の醤油醸造蔵「近藤醸造」が国産原料と木桶で仕込んだ、伝統的な「お江戸醤油」を使っています。

ラインナップはバター餅、どらやき、ゆべしの3種類。いずれも秋田が誇る和菓子の名店が手がけているだけに絶品です! では、ここからは3品それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

次ページ《醤油の塩味で甘さを引き立てた「東京しょうゆバター餅」》

KEY WORD

Area