北海道仁木町の初醸造白ワイン「HATSUYUKI」、Japan Wine Competitionにて銀賞受賞

2017.08.13

mainHATSUYUKI

 

sub1HATSUYUKI FILTERLESS

「国産のぶどうを100%使用して造られたワイン」を対象とする、日本で唯一のコンクール「Japan Wine Competition (日本ワインコンクール)2017」。 日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、それぞれの産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めることを目的に、 2003年から開催されています。そのコンクールにおいて、白ワイン「HATSUYUKI」が銀賞を受賞。さらに、 最終濾過を省いた白ワイン「HATSUYUKI FILTERLESS」も銅賞の受賞となりました。「HATSUYUKI」は、 北海道仁木町のNIKI Hillsヴィレッジが2015年に初醸造した白ワインで、初出品での受賞です。


■HATSUYUKI
について 
アロマ系品種であるケルナーの特徴を最大限活かした白ワインで、ブドウ本来のポテンシャルをワインにするために、 余計な添加物などは加えず仕上げられています。12,000本限定で生産、 7月からは北海道洞爺湖サミットの会場にもなった「ザ・ウィンザーホテル洞爺」のレストランでも取扱いが開始されました。また、北海道らしいしっかりとした酸も感じられる造りとなっています。


■HATSUYUKI FILTERLESS
について 
HATSUYUKIと同様、ケルナーを使用。ケルナーの特徴である豊かな香りを最大限残すため、瓶詰めの際にワイン中の酵母などを除去する最終濾過を行わず仕上げられています。

それぞれしっかりとして酸味が特徴と言われる品種のぶどう、ケルナーから生まれた白ワイン。魚介料理と共に楽しんではいかがでしょうか?

 

■問い合わせ先: NIKI  Hills ヴィレッジ http://nikihills.co.jp

関連キーワード

Area