創業萬延元年、宇治の老舗の抹茶を味わう-「辻利ソフト 京パルフェ」

2017.10.19

京パルフェ

創業萬延元年。辻利は、宇治茶の礎を気付いた、初代辻利右衛門の志を受け継ぐ、宇治の老舗です。宇治に本店がありますが、都内ではGINZA SIXのオープンにともない、2017年4月に関東初出店となる銀座店がオープン。香り高い自慢の抹茶を使ったスイーツやドリンクを楽しむことができます。 魅力溢れる茶匠厳選宇治抹茶メニューの数々。その中でも、辻利京都店で人気ナンバー1を誇るのがこちら。抹茶を使ったソフトクリームを和風パフェのように仕立てた「辻利ソフト 京パルフェ」です。

宇治の茶匠が、ソフトクリームのためだけに抹茶をセレクト。濃厚な抹茶をたっぷりと使用したリッチなソフトクリームに、白玉・あん・黒みつをトッピング。ソフトクリームなのに、まるで和素材をあしらったパフェのような存在感があります。

 2

つややかな餡。小さな白玉がころんとふたつ。手にしただけでほっと心が和むのは、何故でしょう。

香り高い抹茶入りの、なめらかなソフトクリームに添えられた、ほどよい甘みの餡は、ソフトクリームにあうバランスを考慮、厳選されたもの。やわらかな白玉が2個。この小さな可愛いサイズも、ふんわり感もよいのです。

tri

辻利のロゴ入りホワイトチョコレートも、かりっとしたアクセントに。ソフトクリームにかかった黒蜜は、何故か最後まで食べ進めていくと、最後にコーンの中で、香りがふわりと立ち上ります。コーンの甘い香りやお味も、意外にもすべての和素材と調和します。

銀座店でももちろん人気が高いそうですが、京都店では、2014年9月の販売以来、季節を問わずゆるぎない人気を誇ります。その名のとおり、老舗・辻利が生まれた京都を感じる和のパルフェ。日本ならではの上質素材のハーモニーを、銀座で気軽に味わえます。

辻利銀座店では、お茶、抹茶を使ったスイーツの販売のほか、抹茶を使ったテイクアウトメニューが豊富です。 まずは、今回ご紹介した、辻利の王道「辻利ソフト 京パルフェ」をどうぞ。その他にも、銀座店、京都店のみで販売する「辻利ソフト 濃い茶」や、ホワイトチョコの生地を低温でじっくり焼き上げた、濃厚な「京濃い茶テリーヌ」も、私の愛する逸品です。現代のスタイルにあわせた、新しい抹茶の楽しみ方の提案が、ここにはあります。

 

商品名:辻利ソフト 京パルフェ 価格:840円(税込) 販売期間:通年販売 販売場所:辻利銀座店 店舗名:辻利 銀座店

住所:東京都中央区銀座6-10-1GINZA SIX B2

営業時間:10:30~20:30(不定休)※施設に準ずる

電話番号:03-6263-9988

www.tsujiri.jp

 

文 / 市川歩美 チョコレートジャーナリスト ショコラコーディネーター