素敵なメッセージが込められた「ひと皿」

2016.01.10

rre1512LIFE24_hitosara1
雪の中に倒れたようなシルエットのスタイリッシュな1枚

「ひと皿」の光沢を排した仕上げは、和紙の様な質感を目指して作られています。磁器のマットな質感を生かし、あえて絵を描かず象徴的なシルエットで表現されたスタイリッシュな1枚です。

作家の照井 壮さんは磁器の産地・佐賀県有田町生まれ。一度地元を離れ、美術大学で彫刻や映画、現代アートを学んだ後に有田へ戻り、従来の有田焼の素材だけを使って、一見有田焼には見えない独自の磁器作りを続けています。

次ページ《親心から生まれたキッズプレート