太陽の光を集めてやわらかく照らす「スフェラーランタン」

2016.02.25

rd850_1602LIFE22_SPH1
砂時計のようなフォルムが癒やしの空間を作る

昼は太陽の光を受けて少しずつ電気を貯え、夜になったら本体の上下を反転させて優しい光で部屋を照らす。まるで砂時計のように使う新しい発想のこのソーラーランタンは、癒やしの空間をつくってくれるアイテムです。

手掛けたのは京都にあるスフェラー株式会社。デザインはクリエイティブ集団として数々のユニークなアイテムを生み出してきた「graf」が担当しました。太陽光がエネルギーをゆっくり貯めていく様子と砂時計の砂が落ちる姿を重ねあわせて発想されたこのランタンを使っていると、まるで太陽光が姿を現しているようでなんとなく愛着が沸いてくるから不思議なものです。

 

次ページ《最先端の太陽電池の技術がこのランタンを生んだ

Area