創業260年の老舗絵具屋が生み出した、爪に優しいネイルカラー

2015.10.11

0015

日本画の絵具から生まれた『胡粉ネイル』

京都の上羽絵惣が作り出した『胡粉ネイル』をご存知でしょうか。上羽絵惣は1751年創業の日本画用絵具を作る老舗メーカー。伝統の技術と文化を創り出し、多くの画家たちから愛され続けてきました。そんな上羽絵惣も時代の流れとともに事業は縮小。伝統の技術をここで途絶えさせてはいけないと新商品の開発に取り組み、生み出されたのが『胡粉ネイル』でした。

画材用絵具で培われた技術をネイルアートに応用するという大胆な発想から生まれたこのネイルの原料はホタテ貝の粉を原材料とする胡粉。これは日本画には欠かせない白い絵具です。開発では爪へのダメージが少なく安全なものを作るために試行錯誤を重ねました。当初は伝統色の微妙な美しさの再現が難しく、水で流れてしまうものでしたが、改良を重ねて現在の『胡紛ネイル』の安全性を実現。発色も美しく、色持ちも良く口コミで女性たちの間で知られていきました。

0576

爪に優しいネイルエナメルが完成

特徴的なのは、身体に有害な溶剤を使っておらず、ネイルエナメル独特のツンとしたにおいがないこと。通気性があり、爪が呼吸できるので着け心地も軽いのです。またネイルを落とすときに爪を痛める原因となってしまうアセトン系の除光液は使わず、消毒用のアルコールで落とせてしまうのも嬉しいポイントです。

『胡紛ネイル』はカラーラインナップも特徴的。日本の伝統的な色合いがそのままネイルに落とし込まれた和色シリーズは全20色。微妙なニュアンスカラーは日本人の肌色によくなじみます。

0536

日本の技術を現代風にアレンジして大成功

伝統技術を現代の女性のニーズにうまくフィットさせ、大ヒット商品を作り出した上羽絵惣。現在はそのノウハウを活かして、リップグロス、胡紛石鹸、ハンドクリーム、ネイルケアアイテムなどコスメアイテムの展開を広げています。日本画の絵具からネイルアートの世界へ、日本文化と伝統を新しい形で私たちに提案してくれる上羽絵惣のアイテムから今後も目が離せません。

 

胡粉ネイル 和色シリーズ 各1,300円(税込)

 

 

上羽絵惣

https://www.gofun-nail.com/