ライフスタイル

「天領日田下駄 和あそび屋」のオリジナル下駄で足元を楽しむ

2016.08.06

rd850_056_01

現代風なテイストを加えて作られるモダンな下駄

日本有数の杉の産地である大分県日田地方は、良質な杉を使った特産品も数多く、中でも「日田下駄」は長い歴史を持つ伝統工芸品とされています。大分県日田市三芳小渕町で日田下駄を製造している「和あそび屋」では、伝統的な形のクラシカルなモデルだけでなく、洋靴の要素を取り入れた下駄や、カラフルな色合いのものなど、現代的な下駄も展開しています。

そのモダンなスタイルは、これまでの下駄とは違ったおしゃれさを醸し出すアイテムとして注目されています。今回は、和あそび屋の遊び心あふれるオリジナル下駄を紹介します。

rd850_056_02
ジーンズやスカートにマッチする「ひーる下駄」

ヒールのように、かかとの部分を高くして作られた女性用の下駄です。木工職人とのコラボレーションで制作されたもので、その美しい曲線や、樹齢50年の日田杉の見事な木目が魅力です。下駄ですが足にピッタリとフィットする、不思議な履き心地のアイテム。和服だけでなく、ジーンズやスカートスタイルにもマッチします。

rd850_056_03
鼻緒がバンドになっている「ミュールタイプ」の下駄も用意されています。

価格:37800円(税込)
ミュール下駄は応相談

次ページ《自分好みにデザインできる「布あそび下駄」》

Area