「5108」コトバを身にまとうメッセージアクセサリー

2016.08.28

rd850_1607LIFE11_5108_1
rd850_1607LIFE11_5108_2

日本国内で心を込めて製作されたネックレスやブックマーク

日本には古来、お守りやお札に託して言葉を身近に置く文化があります。そんな言葉の不思議な力が秘められた「5108(コトバ)」。たとえば、幸せのスパイラルが円になったhappyで表された「HAPPY」は、大切な人への贈りものに。いつでも自分らしくいられるようにと、鏡がモチーフになった「be myself」のネックレスを選ぶ人もいます。

ネックレスのほか、ブックマークやピンズなど、製作はすべて日本国内で行なわれています。これまで工業用製品などを手がけてきた確かな地場のメーカーが、安全な素材を使いながら、ていねいなものづくりを徹底。手頃な価格帯も実現しています。

rd425_1607LIFE11_5108_3rd425_1607LIFE11_5108_4
誕生日や母の日などに「感謝」の贈りものとして

それぞれのアクセサリーのデザインは、さまざまなデザイナーに依頼されています。たくさんの言葉のリストの中から、そのデザイナーのインスピレーションによって一つひとつの形になっているのです。

ブランド立ち上げ当初から人気を博しているのは、感謝の気持ちを込めて誰かに贈りたくなる「thank you」。一見、木の枝のモチーフなのですが、よく見るとthank youの文字が隠れています。フランス語のありがとう、「Merci」の文字がシンプルにつづられたネックレスも大人気です。

身につけているとパワーがもらえそうな、ポジティブなコトバたち。未来の希望を意味する「hope」なども、さりげなく可愛いネックレスです。

次ページ《まさかのあの野菜、日本語の漢字やカタカナもモチーフに》