ライフスタイル

遊び心とアイデアが光る、富士山グッズ 4 選

2016.09.12

rd850_fuji

日本人の心の拠り所として親しまれてきた「富士山」。浮世絵や銭湯の背景画まで日本を代表するアイコンとして様々な場面で登場しています。今回、『プレミアムジャパン』では、ちょっと意外なアイデアやデザインが光る楽しい富士山グッズをご紹介します。

1. サプライズ感がたまらない「360°BOOK 富士山/Mount FUJI
fuji1_1fuji1_2
作者は建築を中心にインテリアやプロダクト、インスタレーションなどの領域で活動する大野友資さん。閉じた状態は、手のひらサイズの豆本ですが開いてみると、なんと雄大な富士山の姿が360度広がります。細かなディテールまできれいに型抜きするためのプレスや、1ページ、1ページを等間隔につなぐ糸付け、ほどよく本を広げるための背固め調節など、そのほとんどは手作業。

本ですが、そのまま開いて部屋に飾って、インテリアとしても楽しめます。今、海外の方へのプレゼントとしても大変話題の富士山グッズです。

写真:Gottingham

 

【詳細記事はこちら】
360度展開する本「360°BOOK」の新しい立体表現のカタチ

■お問い合わせ
青幻舎
http://www.seigensha.com/sp/360book/
https://www.youtube.com/watch?v=jPea1Z1eQ6s
電話:075-252-6766

 

2. 異色のデザイナー同士による陶器ブランドの愛らしい「富士山 マグカップ」fuji2_2fuji2_1
クロスステッチデザイナーの大図まことさんと、国内外で豊富な経験を積んだ陶磁器デザイナーの阿部薫太郎さんによる、陶磁器ブランド「The Porcelains(ザ・ポーセリンズ)」の「富士山 マグカップ」。クロスステッチとは、×印の縫い目をドット絵のように規則正しく並べて絵柄を描く刺繍のこと。この富士山の絵柄は、大図さんによるクロスステッチのデザインを基にしています。銭湯のタイル絵ようなデフォルメされた雰囲気が特徴的で、とても愛らしいです。

Webサイトでは1個から購入できますが、オススメは「世界遺産」の文字が入った檜の化粧箱に小サイズのマグを詰めた2個セットです。

 

【詳細記事はこちら】
銭湯のタイル絵を思わせる、どこか懐かしい「富士山 マグカップ」

■お問い合わせ
The Porcelains
http://www.theporcelains.com

 
《次ページへ》

Area