ライフスタイル

今日は「うるしの日」!伝統の和紙と漆を最新技術で融合させたブランド「SIWA×URUSHI」

2016.11.13

rd850_01-2

和紙に映える漆印刷の柄「SIWA×URUSHI」

「SIWA×URUSHI」は、株式会社大直が自社開発の和紙と漆印刷技術を使って製品化した雑貨ブランドです。大直では以前から自社開発の耐水性が高く破れにくい和紙「ナオロン」を使ったブランド「SIWA」を展開していました。

この和紙に漆を印刷する技術開発に取り組み、実現したのが「SIWA×URUSHI」ブランド。柔らかな和紙に載せた漆の柄が盛り上がり、ツヤと独特な陰影を与えます。和紙の柔らかな手触りと漆のツヤが高級感を漂わせ、使い込むほどになじんでいきます。

これまでに製品化されているのは、バッグや小物入れなど7種。漆の柄は、古典柄に加え、内外のデザイナー3名によるデザインも加わりました。

 

次ページ《伝統の印伝技法を和紙で可能にした「ナオロン」》

KEY WORD

Area