世界にひとつ。オーダーメイドが叶う「フライパン物語」

2017.01.11


フライパン物語A3_POP_20151104

マイスターが提案! ライフスタイルに合わせて作るフライパン

「料理上手になれる!」と、最近人気が高まっている鉄のフライパン。でも、なんでも鉄のフライパンで作ればおいしいというわけではありません。本当のフライパンの選び方、あなたは知っていますか? 藤田金属の「フライパン物語」は、フライパンを熟知したマイスターが提案するオーダーメイドのフライパンシリーズです。

「フライパン物語」では、用途に合わせて選べる鉄とアルミのフライパンが用意されています。大きさや表面加工、持ち手などをセレクトして、自分だけのフライパンを作ることができるのです。完全受注生産ですが、3日から10日前後で受け取れるのも魅力。あなたなら、どんなフライパンを作りますか?

rd850_1612LIFE05_frying pan02 rd850_1612LIFE05_frying pan03
日本独自の「ヘラ絞り加工」で、軽やかな鉄のフライパンが実現

実はフライパンには向き不向きがあり、用途で使い分けるのが理想です。鉄のフライパンは、肉をこんがりジューシーに焼き上げるのに最適。余分な油や水分を食材に戻さないので、野菜炒めも歯ごたえ良く仕上がります。油をなじませる手入れが必要ですが、慣れれば簡単。フライパンを育てる楽しさもあります。

「フライパン物語」の鉄フライパンは、職人の手で作られる日本独自の「ヘラ絞り」という技によって、従来より軽く仕上げられています。また、700度で焼き入れて油をなじませる「ハードテンパー加工」ができるのは日本唯一。フライパンをおろす時に必要な油ならしの作業が必要なくなり、最初からさびにくく、こびりつきにくい状態で使えます。

 

次ページ《大切な人への贈りものに。持ち手に「名入れ」ができるサービスも》

関連キーワード

Area