フランク・ロイド・ライトを魅了した大谷石が、ついに器に!

2017.04.30

rd850_1704LIFE03_nomado1rd850_1704LIFE03_nomado2rd850_1704LIFE03_nomado3

2000万年前の火山噴火によって堆積した凝灰岩「大谷石」

洗練されたその存在感が、テーブルコーディネートをワンランクアップさせてくれそうな器たち。「以為(おもえらく)」がラインナップしている「大谷石プレート」や「大谷石器 ノマド」には、これまで器には適さないと言われてきた大谷石が使われています。

近代建築の巨匠、あのフランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテルの壁面装飾に使ったことなどでも知られる大谷石。いまや世界的に知られる美しい風合いの石ですが、実は栃木県宇都宮市大谷地区のみで産出される珍しいものなのです。

rd500_1704LIFE03_nomado4rd500_1704LIFE03_nomado5rd850_1704LIFE03_nomado6

大谷石を器にできなかった理由。そこには数々の欠点が

大谷石は、日本では古くから外壁や土蔵などの建築材料に使われてきました。ただ、粉っぽかったり、色が変わる性質を持っていたりする上、水や油がしみ込んでしまって劣化し、洗うこともできないため、器としては不向きな素材とされてきました。

しかし「以為」は、この大谷石に特殊なコーティングを施して欠点を解消することに成功。どこか温かみのある個性的なこの石を、器にする楽しみを提案しています。シンプルな四角い形がテーブルコーディネートを広げてくれるのが「大谷石プレート」。小さなものはコースターに、大きなものはトレー代わりにもなってくれそう。日光杉と組み合わせたデザインも人気です。

rd500_1704LIFE03_nomado7rd850_1704LIFE03_nomado8rd850_1704LIFE03_nomado9

和食にも、フランス料理にも、中国料理にもベストマッチ

一つひとつをていねいな手仕事で丸く削り、表面に凸凹のニュアンスを残した「大谷石器 ノマド」のシリーズもまた盛り付けのイメージがふくらみます。しっかりとした安定感があるのも、石という素材ならでは。和食から、フランス料理、中国料理と、この独特なニュアンスカラーはどんな料理にも映えるから不思議。余計な装飾のないシンプルなデザインが、かえって表情豊かに演出してくれます。

シリーズには、ワインや日本酒を入れておけるボトルクーラーや七輪などもラインナップされています。何か一つあるだけで、食卓がぐっとおしゃれに。随所にちりばめても素敵です。

◆大谷石プレート
素材:大谷石
サイズ:プレート3寸/幅90×奥行90×厚さ10mm~各種、極厚ショープレート ゴクアツ30/幅300×奥行100×厚さ25mm~各種
価格:プレート3寸/1500円(税抜)~各種、極厚ショープレート ゴクアツ30/1万円(税抜)~各種

◆以為(おもえらく)日光杉・大谷石盛台
素材:大谷石、日光杉
サイズ:10寸5寸1枚物/幅340×奥行190×厚さ50mm ほか各種
価格:10寸5寸1枚物/1万円(税抜) ほか各種

◆大谷石器“ノマド”
素材:大谷石
サイズ:nomadoラウンド100/直径100×厚さ40mm(330g)~各種、nomadoオーバル/幅250×奥行150×厚さ60mm(2100g)
価格:nomadoラウンド100/5000円(税抜)~各種、nomadoオーバル/2万円(税抜)

■お問い合わせ先
株式会社ミランダスタイル
電話:028-601-7575
http://miranda-style.com/jp/omoeraku/line-up/oya-stone
http://miranda-style.com/jp/omoeraku/line-up/nomad

関連キーワード

Area