“桜”特集vol.3:北陸新幹線途中下車駅の見どころ6選

2016.03.08

暖かさも増し、春の訪れを感じるこの季節。
本特集では、そんな“桜”の季節にちなんだ情報をシリーズにてお届けしていきます。

2015年3月14日に開業して早1年が経過する北陸新幹線ですが、終点の金沢だけでなく途中駅にも魅力的なスポットが沢山あります。これからの桜の季節、ここでは途中6駅のそんな見どころを紹介します。

 

01.飯山駅「見わたす限り黄色でおおわれる菜の花公園」

rd850_lh_hokuriku_01
画像引用元:菜の花公園

春には菜の花の黄色で一面が埋め尽くされる菜の花公園は、千曲川東岸の小高い丘の中腹にあり、一面菜の花の先に千曲川も眺望することができます。毎年5月には「いいやま菜の花まつり」が開催され、期間中パレードや音楽祭などいろいろななイベントが行われます。

■お問い合わせ
菜の花公園
アクセス:北陸新幹線・JR飯山線「飯山駅」よりタクシー約20分。または、長電バス(飯山・野沢線)にて野沢方面「湯の入荘入口」下車徒歩5分。

 

次ページ《上越妙高駅「日本三大夜桜のひとつ、高田公園の桜」

Area