お取り寄せする栗の名菓、中津川「すや」の栗きんとん

2015.10.13

kurikinnton

中津川「すや」の栗きんとん

これほど美味しい栗の食べ方は他に無いのではないかと、誰しもが感心してしまう完璧な栗菓子が「すや」の栗きんとんではないでしょうか。

使われているのは、栗と砂糖だけ。

取れたての栗を蒸し、半分に割り竹べらで実を取り出し、砂糖を加えて炊き上げる。

とてもシンプルなことを、人の手で丁寧に行い、少しだけ栗の粒が残るように仕上げているのです。

水などを一切加えなくても、栗の持つ水分でしっとりと柔らか、あえて残した栗のつぶつぶ感が、自然そのままの素朴な栗の風味を余す事なく伝えてくれます。

 

木曽路中山道 中津川宿で創業は元禄年間

「すや」の屋号は初代が酢を商っていた「酢屋」に由来します。

昭和の初め頃からは、作家の吉川英治、森田たま等に愛され、川端康成は画家東山魁夷にしばしば贈答品として送っていたと言います。

茶人にも深く愛され、茶会の席の茶菓としても大切に使われて来ました。

 

季節だけにしか作らない 老舗の誠実さが魅力

「すや」の栗きんとんが買えるのは、9月から終了次第。

素材、製法とも伝統を守り、新栗の出回る時期だけしか作らない、老舗の高品質追求の姿勢は信頼がおけます。

その季節限定の味は、どなたに差し上げても必ず喜んでいただけるので、贈答品としての値打ちが高い逸品なのはもちろんですが、自宅用にも絶対にお取り寄せしたい、秋のお楽しみ美味だという方も多いはず。

オンラインショップで簡単にお取り寄せが出来るので、一度食べれば、今秋中にリピート必至になることでしょう。

 

すや ホームページ

https://www.suya-honke.co.jp/index01.html

 

すや オンラインショップ

http://www.suya-honke.co.jp/webshop/