10/1(土)スタート。人気工人のこけし200体以上を展示、新たなこけしの魅力に出会える「Kawaiiこけし展」

2016.09.28

rd500_sub2

玩具や子ども達へのお土産として、日本で昔から親しまれてきたこけし。「おばあちゃんの家に遊びに行ったら、必ず和室に置いてあったなぁ」という感想を持つ方も多いかと思いますが、最近は第3次の「こけしブーム」が来ているのをご存知でしょうか。素朴で愛らしい表情に夢中の「こけし女子」や、女性のこけし工人も増えてきているのだそうです。

昔ながらの伝統を踏まえた上で新しい型や描彩に挑戦するなど、人気工人たちのこけしを一堂に集めた展覧会「Kawaiiこけし展」が横浜人形の家で開催されます。

rd850_main1

展示されるのは、今注目を集めている女性工人6名やその師匠にあたる方々など、人気工人たちのこけしが200体以上。そして、宮城県の鳴子温泉で毎年開催されている、「全国こけし祭り」の高さ約2mのこけしの張りぼて8体も展示されるそうです。こちらは同祭り以外で展示されるのは今回が初なのだとか。

rd500_sub1

また、自分の絵柄でミニこけしストラップを作れたり、担当の学芸員が展示会の見どころを作品を鑑賞しながら解説してくれるギャラリートークや、こけし工人による制作実演や絵付け体験など、イベントも盛り沢山です(別途参加費が必要なイベントもあり)。さらに、ミュージアムショップではこけしや関連グッズも販売します。

「Kawaii」をテーマに、新たなこけしの魅力を紹介する「Kawaiiこけし展」。横浜人形の家で、改めてこけしの可愛らしさやその表情の美しさを再発見してみてはいかがでしょうか。

 

■お問い合せ
「Kawaiiこけし展」
場所:横浜人形の家3階 企画展示室
日時:2016年10月1日(土)から11月27日(日)9:30から17:00(最終入館16:30)
※毎週月曜休館(但し、祝日の場合は翌平日)
観覧料:大人(高校生以上)200円、小人(小・中学生)100円
※別途入館料(大人400円/小人200円)が必要
電話:045-671-9361
FAX:045-671-9022
メールアドレス:info@doll-museum.jp
http://doll-museum.jp/

 

《関連記事はこちら》

「こけし」や「赤べこ」など、郷土玩具をモチーフにしたステーショナリー「わをもん」発売

包むと楽しさが広がる「福コチャエ」の風呂敷