ニュース

街に映える竹かごバッグbamluxe(superior)

2015.10.24

bamluxe

ちょうどいいサイズ感は、トートバッグがお手本

竹で編んだバッグというと、野菜もまるまる入るお買いものかごのイメージがあります。でも、この竹かごバッグはiPadでも入っていそうなタウンユースの装い。「bamboo(竹)」に、真の豊かさを意味する「リュクス(LUXE)」を組み合わせた、「bamluxe」の名を冠するバッグです。

従来の竹かごバッグは20~30cmマチをとることも珍しくありませんが、こちらは12㎝と控えめ。実は、デザインの参考にしているのはトートバッグなのだとか。それで、A4サイズをしっかり確保しながら、街中で気軽に使えるサイズ感がキープされているわけです。

bamluxe1

bamluxe2

上質な日本古来種の竹の魅力を活かした機能美

こだわりの素材は、信頼のおける地元の製竹所から仕入れる日本古来種の竹「マダケ」。しっかりとした固さがありながら、しなりも良く、丈夫で美しいツヤを有するマダケは、かご編みに最適なのだそう。

持ち手の部分などには手になじむ牛革が採用され、ファッションのアクセントとしてもひと役買ってくれます。また、バッグの内側には帆布が貼られ、ポケットも3つ付き。荷物が編み目にひっかかるような心配もなく、整理がしやすい親切な作りとなっています。

bamluxe3

東京のビジネスマン生活から、大分の竹細工職人の道へ

制作者は、大分県の別府で竹細工職人として活躍している西本有さん。もともと東京の企業で15年勤めていた西本さんですが、37歳の時に一念発起。大分県で竹工芸を学び、ビジネスマンだった頃の経験も活かしながら、現在「有製咲処(タモツセイサクショ)」を主宰されています。

西本さんは不定期で、福岡県に「かご屋」もオープン。リアルな場で直接お客さんのニーズを聞くことが、作家として今求められている竹細工を形にしていく力になっているそう。ライフスタイルに溶け込む、お洒落な竹細工が生まれる所以です。

 

竹かごバッグ bamluxe(superior)

 

サイズ:幅350×マチ120×高さ240mm

革持ち手幅 17mm

素材 :マダケ(大分産)、籐(インドネシア産)、牛革、コルク

カラー(革部分):レッド、ダークブラウン、ブラック、ナチュラル

納期:約3~5カ月 ※受注生産品

3万5640円(税込)

 

■ホームページ

http://kagoya.thebase.in/items/181096

http://tamotsu.exblog.jp

Area