ニュース

3日間限定のレアなディナーを。佐賀県食材を有田焼の器で味わう「SAGA×NOBU」コラボレーション、「Nobu Tokyo」にて開催

2016.10.24

01ポスター

佐賀の魅力を世界に!

呼子のイカ、海苔、みつせ鶏、佐賀牛に伊万里牛…、北部には玄界灘、南部には広大な干潟がある有明海という2つの豊饒な海に面し、多良岳山系や脊振山系の裾野には肥沃な平野が広がる、豊かな自然の恵みを受けた食材の宝庫・佐賀県。

世界的に知られるレストラン「Nobu」のオーナーシェフ・松下信幸(NOBU)氏が、そんな佐賀の味覚をふんだんに使ったコースを考案し、シンプルでスタイリッシュな有田焼の食器とともに供するという、なんとも贅沢なコラボレーションディナーが「Nobu Tokyo」にて10月26日(水)~28日(金)の期間限定で開催されます。

有田焼の世界展開をめざし、2016年2月イギリス・ロンドンを皮切りにスタートした、新たな商品開発と販売戦略に取り組むプロジェクト「ARITA×NOBU」をさらに発展させ、佐賀県の魅力ある資源をNOBU氏と連携しながら世界に発信していく新たな試みとして始動した「SAGA×NOBU」の第1弾となるイベントです。

パンフレット1019

地域のローカルな文化と現地特有の食材を活かした「NOBUスタイル」という独創的なスタイルで高い評価を受ける、NOBU氏が手掛けた8品による革新的かつ華麗なコース料理は、「佐賀野菜と海苔のベジラップ」「佐賀牛ステーキ石釜焼き 白石レンコンサルサ添え」など、素材の良さを存分に味わえ、視覚からも豊かな気持ちにさせてくれるものばかり。

海外展開の可能性のある食材をセレクトし、高品質な食材を安定供給するためのトライアルも兼ねている今回のコラボレーションディナー。「Nobu Tokyo」の開放的な空間で、佐賀の厳選された食材と有田焼の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

■お問い合わせ
Nobu Tokyo
住所:東京都港区虎ノ門4-1-28
電話:03-5733-0070
営業時間:18:00~22:30
http://www.noburestaurants.com/tokyo
Facebook  https://www.facebook.com/NOBUTokyo/

 

《関連記事はこちら》

タイ人観光客が前年比337% 実は凄い、佐賀の絶景

「MARNI × 有田焼」ファッションと伝統工芸の最強コラボ食器

Area