ニュース

のべ800人以上の北海道士別市民が参加。2016 三越伊勢丹クリスマスキャンペーンムービー「太陽の祝祭」が公開

2016.11.28

rd850_main

気が付けば今年も残り約1か月。街にはクリスマスソングが流れ、早くもプレゼント用の商品やパーティーグッズが店頭に並んでいます。冬が深まり、クリスマスに向けてワクワクする季節。あなたはどのように過ごしますか?

さて、今年の三越伊勢丹グループのクリスマスは「LIFE IS A GIFT こころに太陽を呼ぶ、祝祭。 」がテーマ。クリスマスの原点であると言われている「冬至祭」は、「長い冬を無事に越えられるよう祈り、生きるちからをくれる太陽に感謝する」というお祭りです。そんな「冬至祭」を舞台にしたクリスマスキャンペーンムービー「太陽の祝祭」が現在公開中です。

rd500_sub12

舞台は北海道士別市、メインとなるロケ地は「満天の星の丘」。360度パノラマの北海道一の星空の名所です。心配された天候も撮影当日には晴れ間が広がり、夜には文字通りの満天の星が現れたのだそうです。

rd850_sub13

北海道の大自然に住む動物たちや、大人や子供達の笑顔、燃え上がる炎、そして太陽が昇る様子。さらにクライマックスである巨大バルーンの打ち上げなど、日本の美しさがそのまま映し出されたような光景。

それを盛り上げる美しい音楽は、「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」など、心を打つ映画音楽やCM音楽を多数手がける高木正勝氏の最新作です。

rd850_sub18

12月17日(土)には北海道士別市にて「冬至祭」が開催され、地域の皆さんと一緒にお祭りを盛り上げるそうです。

rd500_sub14

このムービーの中に登場する、穴をあけた竹にキャンドルを灯して光を楽しむ「竹あかり」。竹あかり演出「ちかけん」の指導のもと、三越伊勢丹グループ全国店舗で三越伊勢丹グループの従業員が制作。クリスマスキャンペーン期間中に各店に「竹あかりツリー」として登場します。

他にも、すべての「生きとし生けるものたち」が太陽に感謝をささげる様子を表現したショッピングバッグや、空を染める「太陽の光の色」を表現した包装紙など、太陽がモチーフのデザインがあちこちで施されている、三越伊勢丹のクリスマス。ぜひ、お近くの店舗に足を運んでみては。

 

■「LIFE IS A GIFT  こころに太陽を呼ぶ、祝祭。 」
http://cp.miguide.jp/christmas-journey/index.html

 

《関連記事はこちら》

三越伊勢丹が「日本の文化」のスペシャリティストアをフランス・パリにオープン!

KEY WORD

Area