もっと気軽にアートに近づこう!日本最大級のアートフェア「ART FAIR TOKYO」が今年も開幕

2017.01.24

rd850_art-106横

2016年は、日本各地で様々な芸術祭が開かれた年でした。今年も美術展や写真展など様々なアートの展覧会が開かれていますが、何となく敷居の高さを感じてしまうという方が多いかと思います。

もっと気楽にアートの展覧会に楽しみたいという方におすすめしたいのが、東京国際フォーラムで今年3月に開催される、幅広いジャンルのアート作品が多数展示される「ART FAIR TOKYO」です。 

Photo: Munetoshi Iwashita

 

rd850_2_Somemiya_01-01奥田栄希  《MEGIO》(2016) Copyright Eiki Okuda / Courtesy of Takashi Somemiya Gallery

12回目となる今年のテーマは「Art is Alive―アートに近づく、アートが近づく―」。日常生活において「アートがライフスタイルの延長上にある」ことを実感できるよう、会場入口「ロビーギャラリー」には、「Hopin’Pocketful ポケットの希望」と題した入場無料の特設会場を設置し、若手作家による約60点を展示販売しています。10~30万円程の比較的手に届きやすい作品を集めていますので、気軽にアートに近づいてみてくださいね。

rd500_6_Scai_01
SCAI THE BATHHOUSE Mrs.Yuki 《Untitled》(2015)  Photo: Nobutaka Omote

他にも、12組のアーティストの個展が並ぶ「PROJECTS」では、それぞれのギャラリーから選ばれた作家の作品における世界観を見比べることができ、開催中は一般来場者を対象としたガイドツアーも予定。ツアーテーマに合わせた4ブースを巡り、見どころをギャラリストと共に紹介します。

さらに今年は、「東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER」とのコラボレーションによる、アートとファッションの更なる連携など、様々な企画が目白押しです。開催期間中には、アートフェア東京と天王洲をつなぐシャトルバスを運行し、昨年9月にオープンした「TERRADA Art Complex」や、デヴィッド・ボウイの大回顧展を開催中(1/8~4/9)の寺田倉庫G1ビルなど、今注目のアートスポットが目白押しのエリアを巡ることができます。

「ART FAIR TOKYO」を通じて、今年は気軽にアートに触れて、日常生活の様々な所で芸術を楽しんでみてくださいね。

 

■「ART FAIR TOKYO」
開催日程:2017年3月16日(木)から19日(日)まで
※ファーストチョイス:3月16日(木) 16:00〜18:00(招待制)
オープニングプレビュー:3月16日(木)18:00〜21:00(招待制)
特別先行入場:3月17日(金)11:00〜13:00(招待制)
一般開催:3月17日(金) 13:00〜20:00 / 18日(土) 11:00〜20:00 / 19日(日) 10:30〜17:00
会場:東京国際フォーラム
住所:東京都千代田区丸の内3-5-1
入館料:1DAYパスポート 2800円(前売券 2300円)
https://artfairtokyo.com/

 

《関連記事はこちら》

今、一番癒される美しい水族館。~すみだ水族館「蜷川実花×クラゲ」プレス内覧会レポート~

全55図が一挙公開!箱根・岡田美術館にて「美術館で巡る 東海道五十三次の旅 ―広重の版画を中心に―」が開催