ニュース

お世話になった方への手紙は心をこめて。『包みと袋のおりがみ』が素敵です

2017.02.27

rd500_main

「1月は行く、2月は逃げる」とはよく言ったもので、ついこの間、新年を迎えたと思ったら、早くも「去る3月」がすぐそこまでやってきています。3月と言えば、卒業の時期。今まで共に学んできた友人や先生方との別れのシーズンです。学校だけでなく、転勤や転職などで環境がガラッと変わる方も多く、何かと別れと変化が多い季節ですね。

出会いと別れがグッと身近に迫ってきて、なんだか切なくなる、この2月。今までお世話になった方へ、手紙などでメッセージを送りたいと思っている方に、こちらの本をご紹介します。カードや小物、ご祝儀など、ちょっとしたものを素敵に包みたいときに便利な、おりがみの折り方76点が掲載された「包みと袋のおりがみ」です。 

rd850_sub1 rd850_sub2

本書では、ベーシックで簡単な折り方から上級テクニックの応用編まで、折って楽しく、もらって嬉しい、便利な「包と袋」を中心としたおりがみを紹介しています。身近にある包装紙やおりがみを使えば、自分だけのかわいいパッケージが出来あがり。使う紙の柄や色を変えることで、さまざまなシーンで活用できそうですね。

素朴でかわいらしい包みに、その人の個性や気づかいを感じて、受け取る人もほっこり心が温かくなるはず。お別れの季節に、今までのお付き合いへの感謝と「これからもどうぞよろしく」というご挨拶を兼ねて、メッセージカードやお手紙を贈るときには、ぜひこちらの本を参考にしてみてくださいね。

 

 

■「包みと袋のおりがみ 手紙やお礼を入れる・包む、便利な折り方76点」
著者:布施 知子
仕様:B5判、並製、128ページ(オールカラー)
定価:本体1,800円+税
http://www.seibundo-shinkosha.net/

楽天ブックス:http://bit.ly/2kVOZPZ
ヨドバシ.com:http://bit.ly/2jFTmwV
Amazon:http://amzn.to/2k24VBR

 

 

《関連記事はこちら》

大切な人へ送るお礼状のフォーマルな便箋と封筒

KEY WORD

Area